住宅のリノベーションの例

今回は、木造住宅のリノベーションの例を紹介いたします。構造は、築40年の平屋の木造住宅で、家族構成は、親子3人で、広さの割に非常に使いずらいプランのため、リノベーションの検討をすることになりました。(下の現況図)

改修プラン(現況図).jpg

40年前の地元の工務店のプランのために、部屋全体が暗く、トイレ・洗面所などが非常に狭く使いずらいなどの問題点が浮上してきている。
居ぬきで工事を進める方針のために、水回りの配置を大幅に変更したプランで、リビングダイニングを中心に部屋を配置し、地元住民が立ち寄りやすいように玄関を広く取るなどのプランにした。
居ぬき工事の場合、工事日数の増加や、工事中の騒音やほこりの飛散、作業員に出入り等の煩わしさがあるが、大規模な引っ越しの必要性がないメリットである。次からは、簡単な工事手順を説明しながら、居ぬき工事の方法を紹介いたします。
今回は、北側居室及び和室の部分を最初に工事をするために、奥の和室への通路を確保するために、「物入れ」を撤去する。北側居室の住人は、一時的にリビングを寝室として使用する。(下の図)

改修プラン(改修手順1).jpg

最初に、「浴室」及び「ダイニング・キッチン」を新設する。(下の図)

改修プラン(改修手順2).jpg

この時、工事範囲内の仕上げ材等の撤去に伴って、構造材の腐敗状況等の確認を行い、必要に応じて構造材の補強及び交換する。旧基準による建物のために、計画的に断熱の充填や耐震補強なども必ず行う。
撤去時には、電線の切断、給排水の切断等の内容に充分注意して行う。事前確認を必ず行うなど計画性をもって工事をする。
新設の「ダイニング・キッチン」が完了したらを移転し、旧「ダイニング・キッチン」部分」の工事範囲に移る。
そして、「トイレ」及び「洗面所」を新設する。(下の図)

改修プラン(改修手順4).jpg

新設の「浴室」、「トイレ」、「洗面所」のエリアがすべて完了したら移転し、旧「浴室・脱衣室」、「洗面所」を「寝室」に変更する。(下の図)
この時の給水・排水等は、新ルートにするが部分的に仮設接続を行う。

改修プラン(改修手順6).jpg

新設の北西の「寝室」が完了したら、東側の旧「和室」から移転し、東側「寝室」を新設する。(下の図)

改修プラン(改修手順8).jpg

この時、「ダイニング」の取り合いも改修する。
次に、「リビング」の改修工事を行うために、工事開始時に移転した北側「居室」の住人が、東側「寝室」に移転をする。その後、「玄関」からの通路確保のために、旧「ダイニング・キッチン」と「リビング」の壁を撤去する。(下の図)

改修プラン(改修手順9).jpg

通路の確保が出来たら、「リビング」及び「玄関」の新設工事を行う。(下の図)

改修プラン(改修手順11).jpg

新設の「リビング」及び「玄関」が完成したら、南西側「居室」の住人が、新設「リビング」に一時的に移転し、「寝室」の新設工事に入る。この時は、新設「玄関」より出入りする。(下の図)

改修プラン(改修手順13).jpg

屋根及び外壁は、室内工事の進捗に合わせて行い、取り合いは常に止水処理を完全に行う。内部の仮設間仕切り等に関しても、埃が居住している部屋に漏れないよう完全な目張り処理を行う。この仮設処理が、居ぬきの工事の難しさでもある。
すべての内部工事が完了したら、最後に、外構工事を行って工事完了となる。(下の図)

改修プラン(改修図).jpg

工事期間中の工事搬入通路は基本的に外部からになるために、中庭などの植栽、塀などが一時撤去になる。
そして、最大の問題は、防犯対策であり、仮設仮囲いなどで工事範囲を十分に区画する必要がある。
今回の依頼検討事項としては、造り付け家具及び新設家具の配置の検討もあり、今回の「リビング」のインテリアは、モダンスタイルの仕様で仕上げを検討した。(下の図)


改修プラン(リビング)1.jpg

「リビング」の照明に関しては、ダウンライト、間接照明、スタンドライトなどを多灯し、雰囲気や用途によって、点灯・消灯をして、省エネ対策を及びあかり空間の演出を試みている。奥の「ダイニング」には、ダウンライトの他に、ペンダントライトを配置しています。

今回は、ここまで!!

インテリアスタイルの3D図は、こちらから→「インテリアスタイル
住まいの照明計画は、こちらから→「暮らしの照明計画




リビングの家具コーディネート

今回は、有名建築家の自宅、住宅」に代わって、既製の収納家具を置くことによって、部屋の模様替えを行う方法を紹介します。
初めに行うことは、家具の配置されていない現況図(左下の図)を作成します。今回は、その現況3Dパースを作成しました。(右下の画像)

もしも(壁面家具用)現況.jpg

今回は、6畳程度のリビングの家具配置による模様替えを紹介します。
次に行うことは、現況図に家具を配置した配置図(左下の図)を作成します。そして、室内の3Dパース(右下の画像)を参考に作成しました。
造り付け家具を設置するのは一番すっきりしますが、やはりここで問題になるのは、予算と工期の問題が出てきます。そのためにも、安価で据え付けるだけで出来る既製家具よるインテリアコーディネートは、魅力があります。

もしも(壁面家具用)家具配置後.jpg

次に、作成した図面を基に、使用する家具を選定しることになりますが、今回は既製品の「壁面収納家具」を配置することにしました。
左から「キャビネット 幅900」、「TV台 幅1200」、「オープン 幅600」、「チェスト450」(下の写真)を選択して配置を考えました。
さらに、上部に下の選択した家具の寸法に合わせて「上置き家具」を選び、出来るだけ天井いっぱいまで使用して家具を配置します。
今回の既成品の「壁面収納家具」の高さは、2,355~2,485の範囲で調整が可能な家具で、今回のリビングの天井高さは2400で考えています。

もしも(壁面家具組合わせ).jpg

続きを読む