内井昭蔵の住宅建築

内井昭蔵は、1933年に東京市神田区に生まれ、1952年に早稲田大学第一理工学部建築科に入学し、吉阪隆正らの指導を受け、1956年に早稲田大学を卒業し、早稲田大学大学院に入学した。
1958年に大学院を卒業して、「菊竹清訓建築事務所」に入所した。
1967年には、「菊竹清訓建築事務所」を辞め、「内井昭蔵建築設計事務所」を設立した。
1969年に、神奈川県横浜市青葉区に「桜台ビレジ」(下の写真)が完成した。

桜台ビレジ.jpg

この建物は、1階に店舗を配置し、傾斜地の中段に中庭設けることで敷地の条件に対応して、上部にスパイラル状のテラスを持つ住宅を配置した集合住宅である。この建物は、独立後最初の仕事であり、1972年にはこの建物は、「神奈川県建築コンクール優秀賞」を受賞した。
1970年には、この「桜台ビレジ」の近くに「桜台コートビレッジ」(下の写真)が完成した。

桜台コートビレッジ.jpg

この建物は、平均24°の傾斜地の敷地に平面的に45°に角度を振って雁行型に配置した。斜面中段に設けた路地から各戸の玄関を上下にずらすことによって各戸の独立性を確保した。一戸建て空間構造を集合住宅に取り入れた画期的な建物である。この建物は、1971年度「日本建築学会賞」を受賞した。
これの建物は、東急多摩田園都市総合開発計画の一環として行われ、この他に1971年に完成した「宮崎台ビレジ」の集合住宅がある。
1976年には、神奈川県横浜市旭区に「西谷の家小倉邸」(下の写真)が完成した。

西谷の家.jpg

大きな寄棟の屋根の下に2つの生活の場と家族が集う場所を設けて、プライベートゾーンの独立性とパブリックスペースを確保するために「多核コアシステム」を採用して構成された住宅である。この建物は、1978年に「神奈川県建築コンクール賞」を受賞した。
1980年には、兵庫県芦屋市に「兵庫の家金田邸」(下の写真)が完成した。

兵庫の家.jpg

この建物も傾斜地に建っているために、高低差による内部空間の断絶を解決するために中庭を半地下にすることによって空間の一体化を図っている。
1986年には、東京都港区に「高円宮邸」(下の写真)が完成した。

高円宮邸.jpg

この建物は、高円宮家の新居として新築された。住宅ではあるが、宮家としての来賓客のお迎えするなどの公的な性格を持たせる必要性から、中庭を中心に、「公室」、「私室」、「事務室」の各ゾーンを廻りに配置することによって構成した。
1988年には、京都府京都市西京区に「桂坂の住宅東CED、中央CED」(下の写真)が完成した。

桂坂の住宅CED.jpg
東CED          中央CED
基本設計の段階から購入者を決めることによって、バリエーションのあるプランニングが多い中において、景観上の統一感と各戸の独自性を活かしたファサードにしている。
1988年に、東京都世田谷区に「ネサーンスハウス」(下の写真)が完成した。この建物は、彼の「自邸」である。

ネサーンスハウス.jpg

「建築家のつくる家は、どうしても単純化の方向に行きがちである。・・・コンセプトを明快に表そうとすれば、形態も空間も単純にしたほうが良い。しかし、生活はプラスすることである。付加されることで馴染みやすさが生まれる。」と建築の家の難しさを書いている。
1993年は、東京都千代田区、皇居内に「吹上御苑新御所」(下の写真)が完成した。

吹上御所.jpg

昭和天皇の崩御に伴って皇居に住むようになった「今上天皇」のお住まいである。天皇のお住まいであっても、これが住宅なのだという原点に返って発想続けて設計された住宅である。
彼は、多くの建築作品を残しているが、住宅建築にも比較的多く作品を残している。

今回は、「Wikipedia」、「内井昭蔵の思想と建築」他を参考に紹介しました。

今回は、ここまで!!

☆参考





posted by Bokusai at 13:35Comment(0)住宅

ポール・ルドルフの住宅建築Ⅱ

前回に引き続き「ポール・ルドルフの住宅建築」を紹介します。
1953年に、フロリダ州、デルレイビーチに「シーウェルC・ビッグス邸」(下の写真)が完成した。

ビッグス邸.jpg

この建物の特徴は、ピロティを1階に設けて、センターコアを中心にサイドをキャンティレヴァーで2階の構成している。
1954年に、フロリダ州、シエスタキーに「イングラム・フック・ゲスト・コテイジ」(下の写真)が完成した。

イングラムフック邸.jpg

この建物は、各構造部材を軽く優雅にみせるために、建物全体に二重部材を用いている。
1956年に、アルバマ州、オーバンに「フランク・W・アップルビー邸」(下の写真)が完成した。

アップルヴィー邸.jpg

この建物も、「シーウェルC・ビッグス邸」の時のように両サイドをキヤンティレヴァーで床を構成し、その部分の床のレベルに段差をとっている。

アップルヴィー邸2.jpg

この建物は、別名「アップルビーショーハウス」とも呼ばれている。
1957年に、フロリダ州、ケーシーキーに「セオドア・バーハート邸」(下の写真)が完成した。

バーハート邸.jpg

この建物は、全体がピロティで地上から持ち上げた構造で構成されている。この建物は、別名「バーハート・コーン・ハウス」とも呼ばれている。1995年に、L型のゲストハウス、2003年には、パビリオンを増築している。
1957年に、フロリダ州、サラソタ、リドショアーズに「マーチン・ハルキー邸」(下の写真)が完成した。

ハルキィー邸.jpg

この建物は、1996年に、一度改装され、2005年に売却され次の年の2006年に増改築が行われた。(下の写真)

ハルキィー邸2.jpg

上の写真右側が、増築部分で、既存部分などにも改装の跡がみられる。しかし、この建物も、2012年には再び売却された。
1959年には、フロリダ州、タンパに「アンブラー・リゲット邸」(下の写真)が完成した。

リゲット邸.jpg

この建物のオーナーは、エール大学の同僚の住宅である。1998年に、売却されている。
1960年に、フロリダ州、ジャコソンビルに「アーサー・W・ミラーム邸」(下の写真)が完成した。

ミラーム邸.jpg

この建物は、彼の今までの規則的なスパン手法を捨て、自由なファサードで構成された新しいデザイン作品である。
1961年に、アラバマ州、アテネに「ジョン・W・ウォレス邸」(下の写真)が完成した。

ウォレス邸.jpg

この建物の特徴は、レンガ造の柱と木造のジョイスト(小梁)からなる構造システムで構成されているところにある。2015年には、売却されている。
1967年には、ニューヨーク州、ニューヨークに「アレキサンダー・ハッシュ邸」(下の写真)が完成した。

ハーシュ邸.jpg

珍しく都会の中に建った彼の作品で、専用ガレージと屋上デッキが備えられている。別名「ハッシュハウス」とも呼ばれている。
1967年には、ミシガン州、グロッセーポイントに「フランク・パーセルス邸」(下の写真)が完成した。

パーセルス邸.jpg

この建物は、自由なファサードで構成され、彼の後半の作品の特徴の一つでもある。
この後も、彼は多くの住宅建築を設計して建てられましたが、今回参考にした資料の両方又は他の参考資料で明確なものだけ紹介しました。完成した年号は、「建築と都市」の年代にそって紹介しています。

今回は、「建築と都市75:01ポール・ルドルフ」、「USModernist Paul Rudolph」他を参考に紹介しました。

今回は、ここまで!!

☆参考


ポール・ルドルフ (1968年) (現代建築家シリーズ) -
ポール・ルドルフ (1968年) (現代建築家シリーズ) -
posted by Bokusai at 13:35Comment(0)住宅

ポール・ルドルフの住宅建築Ⅰ

ポール・ルドルフは、1918年にアメリカ、ケンタッキー州の小さな街エルクトンに生まれた。1935年に、「アラバマ工科大学(現在オウバン大学)建築学科」に入学し、1940年に卒業した。
1年間「ヴァン・キューレン事務所」で働き、1941年には、「ハーバード大学大学院建築学科」に入学した。
1943年に、第二次世界大戦のためにM.I.Tに送られ、その後ニューヨーク、ブルックリンの海軍工廠に配属された。終戦後の1945年に「ラルフ・トウィッチェル」のパートナー建築家として事務所を開設した。
1946年に、戦争で中断していた「ハーバード大学大学院」に戻った。
1947年に、学位を取得し、トラベル奨学金で1948年から1949年にかけてヨーロッパを旅行した。
1948年に、フロリダ州、シェスタキーに、「ロベルタ・ヒーリー・ファニーハウス」(下の写真)が完成した。

リヴェラ邸2.jpg

この家は、「リビアクオリティハウス」とも呼ばれ、クライアントは1966年に亡くなるまでここに住んでいた。
1948年に、フロリダ州、ケーシーキーに、「ミラー邸及びゲストハウス」(下の写真)が完成した。

ミラー邸.jpg

1971年まで、クライアントはここに住んでいました。
1949年に、「アメリカ建築家協会」より「年間最優秀住宅賞」を受賞した。
1951年に、フロリダ州、サラソータに「バーネット邸」(下の写真)が完成した。

バーネット邸.jpg

この住宅は、1965年頃に売却されている。下の写真は、「バーネット邸」のリビング空間です。

バーネット邸2.jpg

最近、この建物は、売買されているようです。
1951年に、フロリダ州、セントピーターズバーグに「C・リチャード・レバングッド邸」(下の写真)が完成した。

レーベングッド邸.jpg

今まで平屋の建物が多い中において2階建てであるが、すでにこの建物は、取り壊されていて現在はない。
1952年に、フロリダ州、シェスタキーに初期の代表作品「ハリー・ゲストハウス」(下の写真)が完成した。

コクーンハウス.jpg

22フィート・スパンのカテナリィ・カーブの屋根の構造から「コクーン・ハウス」(下の写真)と呼ばれている。
1951年に「ラルフ・トウィッチェル」のパートナーシップを解散し、1952年に「ルドルフ事務所」を開設した。
1953年に出世作のひとつの「ウォーカー・ゲストハウス」(下の写真)が完成した。

ウォーカーゲストハウス.jpg

正方形の平面プランで、各面の3間のガラス面の2面はパネルで保護され、開閉が出来る構造になっている。

ウォーカーゲストハウス2.jpg

上記写真は、パネルを上部に開き、ガラス張りに囲まれた室内空間である。
1952年に、フロリダ州、シェスタキーに「ディビット・コーエン邸」(下の写真)が完成した。

コーエン邸.jpg

この建物は、ほとんどがプレファブで建てられている。下の写真は、リビング空間で、大スパンの梁で広々とした空間を演出している。

コーエン邸2.jpg

2006年に修復されてことで、AIAFL賞を受賞しているが、2009年に転売されている。
1954年に、フロリダ州、サラソタ、リドショアーズに「ヘスハウス」(下の写真)が完成した。

ヒスハウス2.jpg

日除けのような屋根ルーバーは、1966年のハリケーン・アルマによって破壊された。「アンブレラハウス」とも呼ばれていたが、現在はその面影はない。
彼の住宅建築は、あまりに多く今回その一部しか紹介できませんでしたので、「ポール・ルドルフの住宅建築Ⅱ」で、紹介します。

今回は、「A+U75:1特集ポール・ルドルフ」、「現代建築家シリーズポール・ルドルフ」、「NCMHポール・ルドルフ」他を参考に紹介しました。

今回は、ここまで!!

☆参考






posted by Bokusai at 10:17Comment(0)住宅