ジャン・プルーヴェの住宅建築

「ジャン・プルーヴェ」は、1901年にフランス・パリに生まれ、父、「ヴィクトール・プルーヴェ」はナンシー派の工芸家であり、親交があった「エミール・ガレ」は、ジャンの名付け親でもあった。
1916年に、金属工芸家「エミール・ロベール」のもとに弟子入りをし、その後、「アダルベール・サボー」の工房に移った。さらに、パリの鉄工所で働いたり、騎兵隊への従軍経験などを経た後、1923年に独立して、自らの工房・スタジオをナンシーに構えた。そこで、鉄製のランプやシャンデリア、階段の手摺などの製作・デザインを手掛けた。
1927年、「ロベール・マレ=ステヴァンス」から「レーファンベール邸」の入り口格子のデザイン・制作の依頼を受けたことを契機に、「ル・コルビュジエ」を中心とするサークルと関係を持つようになり、1930年に「ロベール・マレ=ステヴァンス」、「ル・コルビュジエ」、「シャルロット・ペリアン」らと共に、「現代芸術家連盟」の創立メンバーとなった。
1931年、義兄「アンドレ・スコット」と共同で、「アトリエ・ジャン・プルーヴェ」を開設した。
1938年に、フランスの建築家「ウジェーヌ・ボードゥアン」、「マルセル・ロッド」らとの共作で、初期の代表作である「クリシー人民の家」(下の写真)を完成させた。

クリンシー人民の家2.jpg

パリ北部のクリシー地区に建てられた文化施設で、外壁に金属パネルを使用しているのが特徴で、フランスで最初に作られたプレファブリケーションによるメタルカーテンウォールの建物として知られている。外側に縦方向に付けられたマリオンなど、その意匠は現在のメタルカーテンウォールと比較しても遜色がない。
当時の新聞には「最初の王冠の宝石」「機械の宝石」と書かれ、センセーショナルに、そして機械賛美の非常に前向きなプロジェクトとして捉えられていたようである。
1947年に、フランス、ナンシー郊外のマクセヴィルに新工場を開設し家具の製造やアルミ製のプレファブ小屋を製造した。
1950年から1952年にかけて、フランス・ムードンに「ムードンの工業化住宅」を完成させた。

ムードンの工業化住宅1.jpg


都市復興省からの依頼によって、ムードンのはずれにある起伏の多い森の変則的な地形の敷地に14棟のプレファブの実験住宅群が建てられた。戦後の住宅再供給の緊急の要請に応えるもので、木材と鉄、アルミの素材でできたパネルで構成され、傾斜面を修正する役割の組積造基壇部の上に設置されている。そこに、3タイプの住宅を実現させ、それらは現在でも使用されている。
1953年に、フランス、パリに「モザール広場のアパルトマン」(下の写真)が完成した。

モザール広場のアパルトマン.JPG

「リオネル・ミラボ」との協働による「モザール広場のアパルトマン」では、外壁のアルミパネルのファサードのデザイン設計が主であった。この外壁のアルミパネルは、可動式で出来ていて、雨戸と使用したり、庇として使用することができる。
1954年には、フランス、ナンシーに「自邸」(下の写真)を完成させた。

自邸.jpg

マクセヴィルの工場の株主との衝突によって工場を離れたために、工場に散在していたパネルを買い取って、プレファブ住宅として「自邸兼アトリエ」を完成させた。
1956年に、フランス、パリに「アベ・ピエール邸」(下の写真)を完成させた。

アベピエール邸.jpg

「アベ・ピエール神父」のためにセーヌ湖畔建てた住宅は、同じモジュールに大きな関心を示した「ル・コルビュジエ」をして「世界で最も美しい家」と絶賛せしめた。

今回は、「Wikipedia」他を参考に「ジャン・プルヴェ」の住宅建築を中心に紹介しました。

☆参考

○ジャン・プルーヴェ


○ジャン・プルーヴェ


○スタンダードチェア


○ゲリドンダイニングテーブル

続きを読む

posted by Bokusai at 09:00Comment(0)住宅

青木茂のリファイン建築(住宅その3)

今回は、東京都多摩市一ノ宮にある診療所併用住宅「竹本邸」の再生計画を紹介します。
既存建物は、1969年に新築し、その後1975年に増築した建物である。今回のリファイニング計画は、増築を行い、耐震補強も行って、2世帯住宅へ用途変更する計画であった。既存建物の老朽化の進行状況から、オーナーの建て替え等も含めた検討結果が、リファイニング建築手法なら、既存不適格部分を維持することができ、さらにはコスト削減と環境負荷低減につながる上に、バリアフリー化も可能であることから、選択をした。既存建物(下の写真)は、約50年経っていても比較的良好な状態にあるが、法的変更によって既存不適格建物になっている。

竹本邸既存外観.jpg

今回のリファイニング計画の内容は、1階ピロティを無くし居室にし、2、3階のバルコニーを新設して、内装外装を新規にすることであった。さらには、床の段差の解消や、エレベータ新設によってバリアフリー化を図ることでもあった。そして、新築以降に法改正された現行法令に適合させるための各種工事等を行うことであった。耐震補強計画では、既存建物2棟を一体化することが、今回の特徴でもある。その他には、柱の新設、既存梁の鉄骨補強、袖壁補強により耐震指標Is値を0.6以上を確保するようにした。リファイン後(外観写真)の外観は、ほとんど変わらない形状になっているのは、新築後の法改正で、変更範囲に制約があるためである。

竹本邸新規外観.jpg

既存建物の検査済証が存在しないうえに、新築後の法改正(昭和50年の第二種高度地区指定による高度斜線制限、昭和52年の日影規制について)によって既存不適格建物になっていたために、外観は日影制限の一括基準に則し、変更範囲が限られているために、既存建物形状を活かしながらのデザインとなっている。しかし、今回のリファイニング計画通り建物が完成した後は、検査済証を取得している。
1階玄関アプローチは、ルーバー風のフェンスによって明確に建家に誘導されている。

竹本邸新規外観3.jpg

内部のあかりや玄関の照明によって、玄関入り口まで照らされている。
玄関を入ると、壁面収納の下部のあかりによって足元を照らし、天井の間接照明等を利用して、適度な明るさを保っている。

竹本邸新規内観3.jpg

変更できなかったのが、階段幅のようで、このように制約が多く、難しい問題を抱えながらのリファイニングした建物であると感じる。
2階のダイニング、キッチンにおいては、バルコニーを新設し、ルーバーによって目隠しすることで、開口部を大きくとることが出来、室内空間を明るくしている。


竹本邸新規内観1.jpg

3階のダイニング・キチンについても同様であるが、バルコニーを半分だけ新設して、さらにルーバーによって目隠しをすることで、前面の開口部を大きくとることができている。

竹本邸新規内観2.jpg

今回の建物は、2015年に竣工し、延床面積303.34㎡で、RC造で4階建である。
今回は、「青木茂建築工房」HPを参考に紹介しました。

☆参考


続きを読む

posted by Bokusai at 04:59Comment(0)住宅

青木茂のリファイン建築(住宅その2)

今回は、愛知県豊田市にある挙母藩の藩庁であった七州城の城下町の伝統的な住宅街に位置する「N邸」(下の写真)の再生計画を紹介します。この既存の住宅は、築50年が経過した伝統工法の木造住宅であった。既存建物の大規模修繕と耐震補強、そして増築を手掛けた工事であった。施主の要望は、安全で安心できる建物にすることと、2世帯3世代住宅とすること、そして、城下町の伝統的な街並に調和することの3点であったと記している。



N邸既存2.jpg

既存建物は、過去に増築が何度か行われているために、敷地内の雰囲気が統一されていなうえに、採光や通風が十分に確保出来ていないなどの理由から、彼は、過去の増築部分を解体して、建設当初の建物を活かす計画とした。
基礎と土台をやり直すために、増築した部分の解体後、曳家(下の写真)により建物を敷地内で仮移転させ、既存の残す建家の基礎を新設し、土台を全て取り替えた後、新設した基礎の位置に再度曳家を行い移動した。

N邸既存曳家.jpg

既存建物の1/2以上の面積の増築を行って既存部と増築部の一体化することで、増築によるRC耐震壁で補強を行うことで、耐震性能を増し、安全で安心できる建物となっている。

N邸改修2.jpg

平面計画では、既存部の共用玄関から土間を抜けた位置に、各世帯の玄関を設け、中庭を介してお互いの生活を感じながらも、各世帯の独立性を確保する計画としている。


N邸改修3.jpg

リビングや個室・浴室等の水廻りは、2世帯共に南側に面するように配置し、採光と通風を確保するようにしている。

N邸改修内部1.jpg

浴室の扉をガラスドアにすることで、洗面所・脱衣室まで採光及び、通風も取れるようにデザインすることで、明るい空間をつくり出している。
中庭に面したヶ所にオープンキッチンを設置し、その前にダイニングを設けることで、日当たりが良く、通風によって住みやすいい環境を確保している。

N邸改修内部2.jpg

二世帯住宅のプライバシーの確保をするために、中庭を介して独立性をもたせ、視線によってコミニティの確保に努めている。

N邸改修中庭.jpg

外観は、前面道路にある格子戸のイメージを新たに木ルーバーによって表現する事で、街並との調和を図ったようである。

posted by Bokusai at 05:09Comment(0)住宅