村野藤吾の住宅建築

今回は、「村野藤吾」の「住宅建築」を紹介します。

彼は、1891年に現在の佐賀県唐津市で代々船問屋を営む家の一男第三子として生まれた。生後間もなく乳母の元に預けられ、12歳からは両親の住む現在の福岡県北九州市八幡東区 で育った。1910年、福岡県小倉工業高校機械科を卒業後、八幡製鐵所に入社した。1911年から2年間にわたって従軍し、1913年に「早稲田大学理工学部電気工学科」に入学したが、1915年に「早稲田大学建築学科」へ転学し、1918年に卒業した。
1918年、「渡辺節建築事務所」に入所し、「日本興業銀行本店」、「ダイビル本館」、「綿業会館」等の設計に携わった。1929年、「渡辺節建築事務所」を退所して、「村野建築事務所」を開設した。日中戦争・第二次世界大戦中は実作の機会は少なく、不遇の時期を過ごした。1949年に「村野・森建築事務所」に改称して活動をした。

1934年に、兵庫県芦屋市に「中山悦治邸」が完成した。

中山悦郎邸.jpg

彼が、手がけた最初の個人宅が「中山製鋼所」の創業者「中山悦治」の邸宅である。大谷石の塀に囲まれた敷地の中に、重厚なチーク材一枚板の扉の正門を入ると「パティオ」になっており、黄竜山石のアプローチを経て良質のトラバーチンが床や外壁にふんだんに使われている。

中山悦郎邸3.jpg

中に入ると壮大なホールが迎え、吹き抜けで上下の空間が伸びやかに広がる。内壁は渋い褐色のチークベニヤ、天井は薄青の銀箔モミ紙で、シンプルであり、フローリングのデザインや重厚なマントルピース、磨りガラスや壁に施された魚のドローイングなど洗練された装飾にセンスを感じる。阪神・淡路大震災でびくともしなかった堅牢さもまた特筆すべき点で、モダニズム時代を今に伝える名建築である。

1941年には、京都市東山区に「中林仁一郎邸」が完成した。

中林仁一郎邸.jpg

この邸宅は、「丸物百貨店」の創業者「中林仁一郎」の依頼で建てられ、「比燕荘」となずけられた。現在は、解体されて残っていない。

1942年、兵庫県宝塚市に「村野藤吾邸」が完成した。

村野藤吾自邸.jpg
この自邸は、河内の国分という集落から大和用の旧家を移送したものが原型であるが、移築後増改築を繰返し、当初の面影はほとんど残らなかった。

1964年、奈良県奈良市に「佐伯勇邸」が完成した。

佐伯邸3.jpg

この邸宅は、「近畿日本鉄道名誉会長」であった「佐伯勇」氏の住まいである。眺望を意識して、池にむかって雁行した平面計画、複雑な屋根形状をバランスよく納めている。この邸宅の西側に「松伯美術館」がある。

今回は、「Wikipedia」他を参考に紹介しました。

☆参考

  ○村野藤吾の住宅デザイン  ○村野藤吾和風建築集    ○伝統の昇華

            



posted by Bokusai at 16:30Comment(0)住宅

清家清の住宅建築Ⅱ

前回に引き続き、「清家清の住宅建築」を紹介します。

1967年に、東京都中野区に「林教授の家」が完成した。

林教授の家.jpg

「林教授の家」は、今までにない急こう配の屋根に、鉄骨造フレームの表し、そしてレンガブロックの外装は、今までにないデザインの建物である。

1967年に、兵庫県神戸市に「九重坂の家」が完成した。

九重坂の家.jpg

「九重坂の家」は、高台の上にある建物で、小原流家元「小原豊雲」の私邸である。鉄骨の格子フレームとプロフィリットガラスと透明ガラスの組合せの外観のデザインである。下の建物は、1970年に建てられた「豊雲記念館」である。2011年に閉館した。

1970年に、東京都大田区に「続・私の家」完成した。

続私の家.JPG

1954年に建てた「私の家」と同じ敷地で、元の両親の家のあった場所に建てられた。この建物は、鉄骨フレームに全面ガラスサッシと竪羽目板張りの外観である。

1970年に、東京都渋谷区に「代々木の家」が完成した。

代々木の家.jpg

「代々木の家」は、鉄筋コンクリート造の外壁塗装とレンガタイル張りの外観のデザインの建物である。

1970年に、1964年に東京都大田区に建てられた「久が原の家」の脇に「続・久が原の家」が完成した。

久が原の家.jpg

「続・久が原の家」は、鉄筋コンクリート打ち放しに鉄骨フレームとサッシと竪羽目板張りの部分が突き出している。道路からセットバックし、ツツジの植栽によって突き出し部分がじゃまにならないようになっている。現在は、建築家の宮崎夫妻のアトリエとして使用されている。

1974年に、神奈川県横浜に「保土ヶ谷の家」が完成した。

保土ヶ谷の家.jpg

「保土ヶ谷の家」は、オーナーの死亡によって解体・売却される危機にあったが、現オーナーや関係者の尽力によって再生・保存を目指す事になったが、大幅な改装が必要であるが改装費の捻出できず、建物の公開を行って多くの意見を募っている状態が続いている。その後の状況確認が取れていません。

今回は、「Wikipedia」他を参考に紹介しました。

☆参考

○私の家白書     ○やさしさの住居学  ○清家清      
                        (日本現代建築シリーズ)


      






posted by Bokusai at 15:40Comment(0)住宅

清家清の住宅建築Ⅰ

「清家清」は、1918年京都府京都市に生まれ、旧制神戸二中(現・兵庫県立兵庫高等学校)を経て、1941年東京美術学校(現・東京芸術大学)を卒業し、1943年に「東京工業大学」を卒業した。太平洋戦争に従軍し、1945年に「東京工業大学」に着任した。

1951年には、東京都文京区に「森博士の家」が完成した。

森博士の家.jpg

この建物は、「森鴎外」の子息の邸宅で、「清家清」の初めての作品であり、代表作品のひとつでもある。床も天井も同一レベルで構成され、屋根勾配も緩やかで細い線を強調した建物である。

1952年に、東京都大田区に「齋藤助教授の家」が完成した。

齋藤助教授の家.jpg

「ミース・ファン・デル・ローエ」の「ファンズ・ワース邸」を彷彿させるデザインである。「バウハウス」の創始者「ヴァルター・グロピウス」は、1954年に来日した際、この家に訪れて、「日本建築の伝統と近代技術の幸福な結婚」と賞賛した。

1954年に、東京都大田区に「私の家」が完成した。

私の家2.jpg

この住宅は、両親のために中庭に新築した建物で、玄関が無く庭から出入りするようにできている。その上、間仕切りもドアも無く、本当のワンルームの住宅です。床が、中も庭も鉄平石敷きで、土足で出入りをする。中には、2畳の移動畳があり、必要に応じて移動して使用する。しかし、両親は住まず、本人が住むようになった。

私の家3.jpg

1987年に、書庫や収納スペースとして、2階にコンテナをのせた。

私の家4.jpg

このコンテナは、彼の大学退職の時に、学校から荷物を入れて運んできてそのまま乗せたようである。

1962年に、東京都品川区に「島沢先生の家」が完成した。

島澤先生の家.jpg


この住宅は、目黒区洗足に建つ「うさぎ幼稚園」の園長先生の邸宅である。

1962年に「東京工業大学」より工学博士の学位を授受し、教授に昇進した。

1964年には、東京都大田区に「久が原の家」が完成した。

久が原の家1.jpg

この家は、住宅街の角地の敷地に建ち、ツタの絡まり年代を思わせるが屋根の勾配などからバランスの取れた外観をしている。現在は、写真家の秋山実氏のアトリエとして使用している。

今回は、「Wikipedia」、「JA57」他を参考に紹介しました。

☆参考

○私の家白書     ○やさしさの住居学  ○清家清      
                        (日本現代建築シリーズ)


      



posted by Bokusai at 04:30Comment(0)住宅