清家清の住宅建築Ⅰ

「清家清」は、1918年京都府京都市に生まれ、旧制神戸二中(現・兵庫県立兵庫高等学校)を経て、1941年東京美術学校(現・東京芸術大学)を卒業し、1943年に「東京工業大学」を卒業した。太平洋戦争に従軍し、1945年に「東京工業大学」に着任した。

1951年には、東京都文京区に「森博士の家」が完成した。

森博士の家.jpg

この建物は、「森鴎外」の子息の邸宅で、「清家清」の初めての作品であり、代表作品のひとつでもある。床も天井も同一レベルで構成され、屋根勾配も緩やかで細い線を強調した建物である。

1952年に、東京都大田区に「齋藤助教授の家」が完成した。

齋藤助教授の家.jpg

「ミース・ファン・デル・ローエ」の「ファンズ・ワース邸」を彷彿させるデザインである。「バウハウス」の創始者「ヴァルター・グロピウス」は、1954年に来日した際、この家に訪れて、「日本建築の伝統と近代技術の幸福な結婚」と賞賛した。

1954年に、東京都大田区に「私の家」が完成した。

私の家2.jpg

この住宅は、両親のために中庭に新築した建物で、玄関が無く庭から出入りするようにできている。その上、間仕切りもドアも無く、本当のワンルームの住宅です。床が、中も庭も鉄平石敷きで、土足で出入りをする。中には、2畳の移動畳があり、必要に応じて移動して使用する。しかし、両親は住まず、本人が住むようになった。

私の家3.jpg

1987年に、書庫や収納スペースとして、2階にコンテナをのせた。

私の家4.jpg

このコンテナは、彼の大学退職の時に、学校から荷物を入れて運んできてそのまま乗せたようである。

1962年に、東京都品川区に「島沢先生の家」が完成した。

島澤先生の家.jpg


この住宅は、目黒区洗足に建つ「うさぎ幼稚園」の園長先生の邸宅である。

1962年に「東京工業大学」より工学博士の学位を授受し、教授に昇進した。

1964年には、東京都大田区に「久が原の家」が完成した。

久が原の家1.jpg

この家は、住宅街の角地の敷地に建ち、ツタの絡まり年代を思わせるが屋根の勾配などからバランスの取れた外観をしている。現在は、写真家の秋山実氏のアトリエとして使用している。

今回は、「Wikipedia」、「JA57」他を参考に紹介しました。

☆参考

○私の家白書     ○やさしさの住居学  ○清家清      
                        (日本現代建築シリーズ)


      



この記事へのコメント