茶室その4(小堀遠州の茶室Ⅰ)

今回は、「古田織部」の弟子である「小堀遠州」の茶室を紹介します。

※「小堀遠州」の本名は、「小堀政一」で、「藤原光道」の代に近江国坂田郡小堀村(現・滋賀県長浜市)に居住してその村名を姓として、「小堀光道」と名乗った。6代後の「小堀正次」は、縁戚であった「浅井氏」に仕えていたが、1573年に「浅井氏」滅亡後は、「羽柴秀吉」の弟「羽柴秀長」の家臣となった。「正一」は、その「正次」の長男として、1579年に生まれた。
1585年に、「羽柴秀長」が郡山城に移封されると、「政一」親子も郡山に移った。
この頃、「秀長」は、「山上宗二」を招聘したり、「千利休」に師事するなどしたことで、郡山は京・堺・奈良と並んで「茶の湯」が盛んな土地となった。小姓だった「政一」は、「秀吉」への給仕を務め、「千利休」や「黒田如水」、そして「長政」父子とも出会い、長い親交を深めた。
「秀長」の死後、跡を嗣いだ「秀保」も亡くなり、1595年に「秀吉」直参となって伏見に移り、ここで「古田織部」を知り茶道を学んだ。
1598年に、「秀吉」が亡くなると、「徳川家康」に仕えた。1609年に、「従五位下遠江守」に叙任された。以後この官名から「小堀遠州」と呼ばれるようになった。

1、金地院の「八窓席」

※「金地院」は、京都府京都市左京区にある南禅寺の塔頭である。応永年間(14世紀末 - 15世紀初頭)に、室町幕府4代将軍足利義持が大業徳基(南禅寺68世)を開山として洛北・鷹ケ峯に創建したと伝えるが、定かではない。1605年に、江戸幕府の幕政に参与して「黒衣の宰相」と呼ばれた崇伝(以心崇伝、金地院崇伝)によって現在地に移された。1619年に、幕府より僧録に任ぜられ、それ以後、幕末まで「金地院住持」が僧録職を務めることとなり、五山十刹以下の禅寺を統括する最高機関となった。

「小堀遠州」が、「金地院崇伝」の依頼を受け、「金地院方丈」北側の書院に接続して、以前からあったものに手を加え、重要文化財三畳台目の茶室「八窓席」を1628年頃までに完成させた。外観は柿葺の片流れ、三畳台目の平面で、亭主の着席する点前座と床の間が並んだ形式となっている。

八窓席図面.jpg

床柱が、赤松皮付き、相手柱が櫟の皮付き、そして床框は、黒漆が塗られていて、床の間と点前座との境の壁には墨蹟窓があけられている。点前座は、いわゆる台目構えという形式です。台目切りに炉が切られ、椿の中柱が立てられ、袖壁には下地窓があけられています。

八窓席.jpg

この茶室の特徴は、点前座の向かい側に開けられた「躙り口」の位置にあり、通常ならば端に寄せて開けられるが、壁の途中に設けて、平天井と化粧屋根裏天井を分ける位置配置してある。

八窓席23.jpg

「千利休」の考案した「躙り口」は、刀を置き、頭を下げ、体を小さくして入る客用に設けられた出入口のことであり平等を表して、「侘び茶」には欠かせない要素のひとつである。しかし、「小堀遠州」は、封建社会の秩序を「茶室」に体現するために、「躙り口」の右左で空間の上下、つまり「貴人座」と「相伴席」に二分し、「茶の湯」の理念と封建秩序をあわせた形式をとった。また、一般的に「躙り口」は、露地から直接上がり込む形式ですが、ここでは「縁」に接して設けられている。

2、孤篷庵の「忘筌」

※「孤篷庵」は、京都府京都市北区紫野にある臨済宗の寺院大徳寺の塔頭である。1612年に、「黒田長政」が創建した。1608年に「龍光院内」に「小堀遠州」が「江月宗玩」を開祖として建立した庵を1643年に現在地に移し、「江雲宗龍」(遠州の実子)が継いだ。その後、1793年の火災により焼失するが、「遠州」を崇敬した大名茶人松江藩主の「松平治郷(不昧)」が古図に基づき再建した。

「孤篷庵」にある茶室「忘筌」は、L字形に構成された十二畳の書院座敷です。L字形にすることで、「相伴席」を組み込んだ形式となっている。北側の三畳部分です。遠州の師である「古田織部」は、敷居と鴨居によって厳密に区分された「相伴席」を表現したが、ここでは緩やかな区分となっている。また点前座と床の間を並べることも遠州の得意とした。

忘筌図面.jpg
もっとも注目される部分は縁先の構成です。外壁に面して中敷居の上に障子が建てられ、その下が解放されていて、外部は生け垣で囲われ、茶の湯の庭として必要最小限の手水鉢、燈籠を室内から見せている。

忘筌.jpg

その軒内部分が露地に相当し、タタキの中に飛石が打たれ、沓脱ぎ石から縁へ上がるように組み立てられてる。中敷居があるため縁への上がり口は、「躙り口」のように頭を下げないと通れないような仕組みになっている。これは、「草庵茶室」の躙り入る方法を書院に応用したものである。

忘筌2.jpg

またこの上がり口の位置は座敷の中央となっており、その左右で空間の上下の意味を変えた平面構成となっている。

忘筌3.jpg
(出典:相賀徹夫編『探訪日本の古寺6 京都1 比叡・洛北』1980年 小学館)

室内の天井は、いわゆる砂摺り天井と呼ばれ、杢目を浮き立たせそれに胡粉を塗った竿縁天井である。点前座と床の間の境部分は、風炉先窓のように吹き抜かれ井桁の格子を組み、下半分を唐紙張りとしている。「炉」は、はじめ台目切りであったが、現在は四畳半切りに構えられている。

今回は、「京都市文化観光資源保護財団」、「探訪日本の古寺6」他を参考に紹介しました。

「小堀遠州の茶室Ⅱ」を次回で紹介します。

☆参考


   ○小堀遠州 綺麗さびの極み ○小堀遠州の美を訪ねて   ○小堀遠州

              

   ○小堀遠州(別冊太陽)   ○探訪日本の古寺6      ○日本の五感

               


   






この記事へのコメント