茶室その2(村田珠光から千利休の茶室)

今回は、「千利休」で完成した侘び茶の「茶室」までの流れを紹介します。大きくは、「侘び茶」の祖とされている「村田珠光」から始まって、「侘敷」を考案した「武野紹鴎」を経て、「侘び茶」の完成者と言われる「千利休」までの「茶室」である。あくまでも、「千利休」の求めた「侘び茶」の「茶室」のことである。その後も、「千利休」の影響を受けた「古田織部」、「小堀遠州」、「織田有楽」、「金森宗和」等の茶室が作られ、変化をしているが、「千利休」の求めた「茶室」ではない。

1、村田珠光の茶室

「村田珠光」は、一般に「侘び茶」の祖とされていて、「村田珠光」の「茶室」を知るには、「南方録」の「東大寺四聖坊数寄屋図」という古図に、珠光が好んだ「茶室」の写しが記録されている。それによれば、この四畳半には一間の床、檜の角柱、襖2枚、障子3枚(「明り障子三本」)があり、天井は高さ7尺1寸の「鏡天井」、壁は「張付」即ち「白い鳥子紙」を張った書院風のものであったと推定される。ただし、外観は「杮葺宝形造」の小庵であったとするから山居の佇まいを見せていたと想像される。「村田珠光」の「茶室」を知るもう一つの手掛かりが、「村田珠光」が京都に定住した後に、自らの法跡である「称名寺」に一庵を設けて「獨盧庵」となずけた。しかし、1704年に焼失し、その後再建されたが、再び1762年の「宝暦の大火」で焼失した。現存する建物は、1800年頃に第24代「鸞空上人」が再興したものである。(下の写真)


獨慮庵.JPG

「茶席」の中は、移動式の敷居と壁および障子によって三畳と一畳半に仕切れるように工夫されていて、四畳半の茶席としても、三畳の茶席としても使用できるようである。造作は、他の茶席には見られない珍らしいものである。

2、武野招鷗の茶室

「武野紹鷗」の茶室は、「山上宗二記」に茶室「四畳半」が平面図入りで紹介されている。その図の注記によれば、北向きで、檜柱で、壁は白の張付壁、天井は野根板で、一間床を設けていた。床框は黒く塗った栗の木とあり、障子を立てたと考えられる茶室の正面には「面ノ坪ノ内」と「簀子縁」があり、西側の「脇ノ坪ノ内」から幅2尺ほどの片引きの建具を開けて「簀子縁」の端に上がり、席入りする形であったことがわかる。(下の図)


紹鴎四畳半.jpg

この「武野紹鷗」の茶室「四畳半」は北向きで窓がなく、光は北の建具側からしか入らなかった。また、入口の鴨居が通常よりも少し低く設置されており、縁に上がる戸口が低かったことと併せ、茶室の入口が俗世間を離れ、非日常的空間への入口であることを象徴している。

「武野紹鴎」は、4畳半茶室よりも小さい3畳半や2畳半の茶室を考案して「侘敷(わひしき)」と称し、4畳半以上の茶室を「寂敷(さひしき)」と区別して称したが、後に「千利休」は「侘敷」と「寂敷」との区別を曖昧にしたことから、「わび・さび」の意味合いにおいても、深い混乱を生じさせる事になった。

「武野紹鴎」の茶室は、現存していないが、京都洛北紫野の「大徳寺紅梅院」に紹鴎好みと言われる茶室がある。(下の写真)


昨夢軒.jpg

「昨夢軒」は、北側中央に位置する四畳半下座床の茶室で、西と南は襖4枚で隣室と、北は腰高障子2枚で縁側へ、そして東は北寄りに襖2枚で隣室と繋がる構成で、各方向に行き来が出来ますが、北の障子は貴人口となり、そして東の襖は茶道口となります。出入り口を北側におくのは「武野紹鴎」の手法でもある。江戸時代に作られたようである。

3、千利休の茶室

「山上宗二記」に、残された指図から、「千利休」の茶室(大坂屋敷にあった長三畳台目の茶室)は、「脇ノ手水かまへ」から「くくりきと」(潜り木戸)を通って直接席入りする形になっており、「武野紹鷗」の四畳半にあった縁が失われて土間庇に代わっている。縁を解体し、入口をくぐりに変え、土間庇という屋内と屋外をつなぐ中間領域が形成され、露地の飛び石がそのなかに深く進入して、にじり口で畳と庭が直結されるようにした。こうして露地と茶室が一体化した茶の湯の場が成立することになった。この「手水構」と「潜り木戸」は、それぞれ蹲踞(つくばい)と躙口の初源的なものであったと思われる。「千利休」は、茶道具も唐物とともに和物を重視し、楽長次郎に侘びた茶碗を作らせたり、自ら竹を斬って花入や茶杓を作るなど、侘びの美学を追求した。



利休茶室.jpg

「山上宗二記」によれば、「侘び茶」の精神を突き詰め、それまでは、名物を一つも持たぬ侘び茶人の間でしか行われなかった「二畳」、「三畳」の小間を採り入れた。さらに、採光のための唯一の開口部であった縁の引き違い障子を排して壁として、その壁に下地窓、連子窓や躙口をあけて、二畳の茶室を造った。壁も張付などを施さない土壁で、仕上げ塗りをしない荒壁であり、時には藁苆を見せることもした。室面積の狭小化に合わせて天井高も頭がつかえるほど低くし、天井に高低差をつけて、材料も杉板、網代、化粧屋根裏など工夫をこらして納めた。

「千利休」の茶室も現存するものはないと言われている中で、「千利休」が造ったと言われている京都山崎の「妙喜庵」の「待庵」がある。日本最古の茶室建造物であると同時に、「千利休」作と信じうる唯一現存する「茶室」である。現在一般化している、「躙り口」が設けられた「小間の茶室」の原型、かつ「数奇屋建築」の原型とされている。寺伝には、1582年の「山崎の戦い」のおり「羽柴秀吉」の陣中に「千利休」によって建てられた「二畳隅炉の茶室」を解体し、移築したとある。しかし、1606年に描かれた「宝積寺絵図」には、現在の「妙喜庵」の位置あたりに「かこひ」の書き込みがあり、このときにはすでに現在地に移築されていたものと考えられている。同図には、「妙喜庵」の西方、現在の島本町の「宗鑑旧居跡」付近に「宗鑑やしき」そして「利休」の書き込みもあり、利休がこの付近に住んでいたことを伺わせる。したがって「待庵」はこの「利休屋敷」から移築されたとも考えられる。

「待庵」の「茶室」は、切妻造杮葺きで、書院の南側に接して建っていてる。


待庵.jpg

「茶席」は、二畳、「次の間」と「勝手の間」を含んだ全体の広さが四畳半大という、狭小な空間である。南東の隅に「躙り口」を開け、「躙り口」から見た正面に「床」を設けてある。室内の壁は黒ずんだ荒壁仕上げで、藁すさの見える草庵風となっている。「床」は、4尺幅で、隅、天井とも柱や廻り縁が表面に見えないように土で塗りまわした「室床」である。天井高は5尺2寸ほどで、一般的な掛け軸は掛けられないほど低い高さである。これは「千利休」の意図というより屋根の勾配に制約されたためである。床柱は、杉の細い丸太、床框は、桐材で3つの節がある。室内の東壁には、2箇所の下地窓、南壁には、連子窓を開けている。

待庵2.jpg
「日々徒然」からの

下地窓の小舞には葭が皮付きのまま使用されている。炉は、「躙り口」から見て部屋の左奥に隅切りとしている。この炉に接した北西隅の柱も、壁を塗り回して隠しており、これは「室床」とともに2畳の室内を少しでも広く見せる工夫と思われる。天井は、わずか2畳の広さながら、3つの部分に分かれている。床の間前の天井は、床の間の格を示して平天井、炉のある点前座側は、それに直交する平天井とし、「躙り口」の部分(は、東から西へと高くなる掛け込みの「化粧屋根裏」となっている。二つの平天井を分ける南北に渡された桁材の一方は、床柱が支えていて、この桁材が手前座と客座の掛け込み天井の境をも区切っている。平天井の竿縁や化粧屋根裏の垂木などには、竹が使用されており、障子の桟にも竹が使われている。このように竹材の多用が目立ち、下地窓、荒壁の採用と合わせ、当時の民家の影響を感じさせる。二畳茶室の西隣には、襖を隔てて1畳に幅8寸ほどの板敷きを添えた「次の間」が設けられ、続けて「次の間」の北側に一畳の「勝手の間」がある。

今回は、「Wikipedia」他を参考に紹介しました。

☆参考

○古典に学ぶ茶室の設計


○藤森照信の茶室学


○妙喜庵茶室(待庵)


○藤森先生茶室指南









この記事へのコメント