隈研吾の住宅建築Ⅱ

彼は、1954年神奈川県横浜市に生まれ。
1973年に東京大学工学部建築学科に入学し、1977年に卒業、東京大学大学院建築意匠専攻修士課程を修了した。
卒業後、日本設計、戸田建設、コロンビア大学建築・都市計画学科客員研究員を経て、1990年に「隈研吾建築都市設計事務所」を設立した。
前回に続いて彼の「住宅建築」について紹介します。
2007年に、東京都文京区に「『鉄』の家」(下の写真)が完成した。

鉄の家.jpg

この家は、「3.2mm厚のコルゲートの鉄板を用いて、柱梁のない、鉄道の貨車のようなモノコック構造の家を作った。クライアントが鉄道の熱烈なファンであり、家の中には数千台の鉄道模型が保管されている。彼も貨車の中に暮らすような生活をのぞんでいた。L字形の特殊な敷地形状に合わせて、細長い貨車がL字形に折れ曲がって坂道に停車したような姿の家となった。」と書いている。
2008年に、東京都渋谷区に「木/氷山(Wood/Berg)」(下の写真)が完成した。

ウッドバーグ.jpg

この建物を「都心部の中層(6層)の建築に、fold(折る)という操作と木製ルーバーという「やわらかな」素材を用いることによって、住宅的なヒューマンスケールとやわらかさとを与えた。」と書いていて、「外壁バルコニーの手すりなどのすべての建築のサーフェースを同一の木製ルーバーで覆うことによって、建築の輪郭線をやわらかく曖昧にすることが可能となった。」と書いている。
2010年に、アメリカ、コネチカット州ニューキャナンに「ガラス/木の家(Glass/Wood Hous)」(下の写真)の増改築が完成した。

ガラス/木の家.jpg


「フイルップ・ジョンソン」の友人の建築家「ジョン・ブラック・リー」のモダニズムの自邸(1956年)の改修及びガラス張りの新棟を増築した。コンセプトは、「木とガラス組み合わせによって、ニューキャナンの精神を批評的に継承した」と書いている。
2012年に、東日本に「水/チェリー(Water/Cherry)」(下の写真)が完成した。

水/桜.jpg

この建物は、「太平洋を見下ろす崖の上に立つ、分離型のヴィラ。分離(多島海)スタイルを採用することで、それぞれの棟に、茶室のようなヒューマンスケールと暖かさとを与えることができた。外壁にも室内にも「ヤマト貼り」と呼ばれる板を互い違いに貼る、日本の伝統のディティールを多用して、ディテールにおいても「小ささ」を追求した。」と述べている。
下の映像は、新建築で出しているものです。



2017年に東日本にゲストハウス「水/石(Water/Stone)」(下の写真)が完成した。

水/石1.jpg


この建物は、「湖に向かう斜面地に、日本庭園と一体化したヴィラをたてた。一棟の大きな建物をたてるのではなく、機能に応じて5棟に分割して、完全に別棟化することによって、建築を複雑な地形へとなじませることが可能となり、村のようなヒューマンな雰囲気を創造することができた。」と書いている。


今回は、「Wikipedia」、「隈研吾建築都市設計事務所HP」他参考に紹介しました。

今回は、ここまで!!

☆参考




隈研吾物質と建築 [ 隈研吾 ] - 楽天ブックス


この記事へのコメント