長谷川逸子の住宅建築

1941年に静岡県焼津市に生まれ、1964年に関東学院大学工学部建築科を卒業し、「菊竹清訓建築設計事務所」に勤務した。1969年から東京工業大学研究生を経て、1971年より東京工業大学篠原研究室に勤務した。
1979年に「長谷川逸子・建築計画工房」を設立した。
1972年に、静岡県焼津市に「焼津の住宅1」を完成させた。


焼津1.jpg

この住宅は、彼女の最初の設計した作品である。彼女は、「小さな平面にいかにして物理的に『長い距離』を生み出し、生活の場を成立させるかということ」がテーマであったので、この住宅においては、真ん中に壁を入れて「長い距離」を生み出している。
1975年には、神奈川県に「鴨居の住宅」が完成した。

鴨居の住宅.jpg


長方形の敷地の中央に奥に上った台形の中庭を設け、その両サイドに建物が建っている。
1975年に、東京都に「緑が丘の住宅」(下の写真)が完成した。

緑が丘の住宅.jpg


コンクリートの打ち放し仕上げの住宅は、彼女にとって初めてであるが、これは施主の要望であったようである。
1977年には、静岡県に「焼津の住宅2」(下の写真)が完成した。

焼津2.jpg

この住宅は、架構の問題と同時に、架構から自立する開口部の取り扱いによって表層の問題を発見しています。どちらかと言えば室内空間だった「ガランドウ」を外部からとらえるというもので、未知の物をどんどん取り込むような「生活装置」を作り上げたいというところにある。
1980年に、愛媛県松山に「桑原の住宅」(下の写真)が完成した。

桑原の家.jpg

この住宅は、クライアントが金属系建材を扱う会社のオーナーであったので、透過性のあるアルミパンチングメタルを表層=皮膚を多重化して(重ね着)、自律的な表層=「幔幕」に包まれた「ガランドウ」を生み出した。「幔幕」で発生した空間を「原っぱ」と表現した。
1985年に、栃木県に「小山の住宅」(下の写真)が完成した。

小山の住宅.jpg

この建物は、クライアントが大屋根のもっている家を希望したことにより設計されたものであるが、膜を張ることの延長線上にあり、ここではアルミパンチングメタルを日除けの布を石で止めているイメージちしてデザインされている。
1987年には、東京都世田谷区に「東玉川の住宅」(下の写真)が完成した。

東玉川の住宅.jpg

この住宅は、道路境界一杯に建てられ、上部にアルミパンチングメタルを使用することで閉鎖性を緩和させるようにしている。建物の中央には、円形の中庭空間がある。
2001年には、香川県に「小豆島の住宅」(下の写真)が完成した。

小豆島の住宅.jpg

東側に海を望み,周囲は緑に囲まれた小豆島の高台にある平屋の住宅である。海へ対面する南北軸のヴォリュームとそれに直交する東西軸のヴォリュームが組み合わされたT字形プランになっている。東面には1mのテラスを設け,外側を白いネットのスクリーンで覆っている.
2014年には、兵庫県芦屋市に「芦屋の住宅」(下の写真)が完成した。

芦屋の住宅.jpg

この住宅のクライアントは、子どもも含めて来客が多いので大広間がほしいという要望があって、中央部分に大広間をつくりその周りに個室・水回りのコア部分を配した設計になっている。(下の写真)

芦屋の住宅2.jpg

今回は、「長谷川逸子・建築計画工房HP」、「Wikipedia」、「INAXレポート」、「東西アスファルト事業協同組合」、「TOTO通信」他参考に紹介しました。

今回は、ここまで!!

☆参考






この記事へのコメント