中村好文の住宅と建築

彼は、1948年に千葉県九十九里町で生まれ、1972年に武蔵野美術大学を卒業し、数年間宍道設計事務所に勤務・退職した。その後、東京都立品川職業訓練校木工科で家具の製作を学んだ。
1976年から1980年まで「吉村順三設計事務所」に勤務して、家具製作アシスタントを務めた。
1981年に独立して設計事務所「レミングハウス」を設立した。
1987年に、長野県に「三谷さんの家」(下の写真)が完成した。

三谷さんの家3.jpg

オーナーの三谷さんは、木工デザイナーであり、もともと物置小屋だったところを増改築した、8坪の最小住宅である。
1994年に、千葉県長南町に「美術館 as it is」(下の写真)が完成した。

museum-as-it-is.JPG

房総半島の中央部にある町、長南町につくられた小さな美術館で、「as it is」は「あるがままに」という意味です。
土蔵や小住宅を思わせる建物は、アジア、アフリカなどで日常生活に使われていた工芸品を展示している。
2007年に、愛媛県松山市に「伊丹十三記念館」(下の写真)が完成した。

伊丹十三記念館2.jpg

映画監督「伊丹十三」の記念館で、「常設展示室」には、「伊丹十三」の足跡を具体的な資料でたどることができるよう、十三の名前にちなむ13のコーナーが設けてあります。
2005年に、長野県御代田町に「Lemm Hut」が完成した。

レミングハウス.jpg

エネルギー自給自足を目指す実験的な小屋であり、もともとこの場所に住んでいた開拓者の簡素な住宅と土地を借り受けて、構造体のブロック壁だけを残して増改築した。
2011年に、京都府京田辺市に「レストランルスティク」(下の写真)が完成した。

レストランルステック.jpg

「ルスティク」とは、フランス語で「ひなびた」とか、「田舎の」という意味で、京田辺の郊外に建っています。近くには、同社大学の田辺キャンパスがあります。
2015年に、奈良県奈良市に「鹿の舟」(下の写真)が完成しました。

鹿の舟2.jpg

奈良の観光案内施設と食堂が融合した複合施設です。
彼は、様々な建物を紹介するエッセイストとして執筆活動を行っている。

今回は、「Wikipedia」、「新建築ONLINE」他を参考に紹介しました。

今回は、ここまで!!


住宅建築家 三人三様の流儀




中村好文 小屋から家へ




暮らしを旅する




食う寝る遊ぶ 小屋暮らし




建築家のすまいぶり (エクスナレッジムック)





この記事へのコメント