坂倉準三の住宅建築

彼は、1901年に岐阜県羽島郡、現在の羽島市の醸造元の4男として生まれた。
1923年に、東京帝国大学文学部に入学し、1927年に、東京帝国大学文学部美学美術史学科美術史を卒業した。
1929年に、フランスに渡り、パリ工業大学で学び、1931年に、前川國男の紹介で「ル・コルビュジエ」の事務所に入った。
1936年に、帰国したが、1937年開催のパリ万博の日本館建設のために、再びフランスへ渡った。その後、、「ル・コルビュジエ」の仕事を手伝い、1939年に帰国した。
1940年には、「坂倉準三建築研究所」を設立した。
1941年には、東京都世田谷区に「飯箸邸」を完成させた。

飯箸邸.jpg

この建物は、2007年に解体の危機にあったが、保存運動のおかげで、一部軽井沢に移転された。現在は、レストラン「ドメイヌ・ドゥ・ミクニ」として使用されている。
1947年には、奈良県奈良市に「上村松園邸」(下の写真)が完成した。

上村松園邸.jpg

現在は、母屋はなく、画室と渡り廊下のみ残っている。
1950年には、東京都四谷に「加納九朗邸」が完成した。現在は、軽井沢に移築されている。(下の写真)

加納邸.jpg

この建物は、戦後の復興のための組立建築として考案された「Aハウス」であり、元は加納夫妻の住居であった。
1953年には、東京都港区に「岡本太郎邸」が完成した。現在は、「岡本太郎記念館」として使用されている。(下の写真)

岡本邸.jpg

この建物は、コンクリートブロックによる組積造の壁に2階の床及び屋根を木造で造った混構造の建物である。
1955年には、兵庫県西宮市に「塩野邸」(下の写真)が完成した。

塩野邸.jpg

彼が手がけた最大級の木造住宅建築であり、「飯箸邸」の長れをくむ大きな切妻屋根とその下の水平に延びる庇、裏庭に面した大開口部などが特徴の建物である。
1960年に大阪府大阪市に「Mi邸」(下の写真)が完成した。

Mi邸.jpg

ほとんど樹木に隠れていて外観が見えないが、1階は中庭を囲んでコの字型に部屋が配置され、2階は屋上庭園道路側にあり奥の方にセットバックして建っている。
1964年に、東京都大田区に「Mu邸」(下の写真)が完成した。

Mu邸.jpg

切妻大屋根形式の住宅であるが、必要最小限の住宅を要望されて設計した建物で、彼の没後食堂の南側に広間が増築された。
1968年に、大阪府大阪市に「Ue邸」(下の写真)が完成した。

Ue邸.jpg

この建物は、職住一体型の2世帯住宅であり、鉄筋コンクリート造の地下1階、地上2階の建物である。
1968年に、東京都大田区に「Ha邸」(下の写真)が完成した。

Ha邸.jpg

彼の最後期の作品で、この住宅の完成を待たずに彼は急逝している。

今回は、「建築家坂倉準三」、「住宅建築№411」、「Wikipedia」他を参考に紹介しました。

今回は、ここまで!!

☆参考





この記事へのコメント