山田守の建築と自邸

彼は、逓信建築の先駆者であり、分離派建築会を結成して、モダニズム建築を実践した建築家である。
1894年に、岐阜県、現・羽島市に生まれ、1917年に東京帝国大学建築学科入学、1920年に卒業した。
卒業直前に仲間と日本初の近代建築運動「分離派建築会」を結成した。結成メンバーは、石本喜久治、滝沢真弓、堀口捨己、森田慶一、矢田茂とそして山田守の面々である。
卒業後、彼は、逓信省営繕課に入り、逓信建築に携わり、1925年に東京・大手町の「東京中央電信局」(下の写真-現存せず)を設計した。
山田守(中央郵便局).jpg

分離派建築の代表作品と言われるが、上司の器量によって、パラボラアーチをリズミカルに並べた外観を持った個性的な建築を実現することが出来た。
1924年から復興局土木部に所属して、1926年に、隅田川にかかる「永代橋」(下の写真)を設計した。

山田守(永代橋).jpg

この橋は、関東大震災後の震災復興橋梁の事業で、そのデザインに携わった。現在は、ライトアップされ再び息を吹き返したようである。この橋のライトアップをプロデュースしたのは、照明デザイナー石井幹子です。
彼は、1929年から1930年にかけて、逓信省の命でヨーロッパ視察旅行に出かけベルリンに滞在しながら、各地の都市の建築を視察した。そして、第二回「CIAM(近代建築国際会議)に出席をしている。この時に前川国男もこの会議に出席している。その後、ル・コルヴュジェ、ヴァルター・グロピウスなどを訪ね、近代建築運動に触れ、大きな影響を受けて、帰国した。
そして、1937年に建設されたのが、「東京逓信病院」(下の写真-現存せず)である。この建物は、これまでになかった病院建築のイメージを払拭するような明るい建物である。

山田守(東京逓信病院).jpg

斜路を使った補助動線や、埃だまりを回避する隅部のアールの処理など機能的で清潔感あふれるディテールが徹底されている。
戦後の日本復興の中で設計したのが、東京・飯田橋に建設した「東京厚生年金病院」(下の写真-現存せず)であり、1953年に完成した。

山田守(東京厚生年金病院).jpg

この設計で、Y字型の単純な図形に、機能と造形を重ねる表現方法で、彼の独自のプロトタイプを確立した。
これを、東海大学の「代々木校舎2号館」(下の写真)の設計に応用した。東海大学は、逓信省時代の盟有の松前重義が創設し、清水市にあった「東海大学(前身・航空科学専門学校)」の東京進出を機に「東海大学」の校舎建設に参画した。
この「代々木校舎2号館」は、渋谷区富ケ谷に1958年に完成した。RC造の地上5階建てで、Y字プランではなくX字プランになっている。屋上の鉄塔は、FM東海放送の電波塔である。(FM東海は今は無く、現在はFM東京)

山田守(東海大学代々木校舎)-1.jpg

玄関の車寄せの庇を支える柱は、1957年に完成した「長沢浄水場」で使われた「マッシュルームコラム」の応用である。
東京進出の最初に建てられたのは、1955年に完成した「代々木校舎1号館」(下の写真)である。

山田守(東海大学代々木校舎1号館)-1.jpg

この校舎の特徴は、S字状の軒先を持つ玄関庇と屋根庇、そして、洋ナシ型の断面形状をしたジャイアントオーダーである。
彼は東海大学の東京進出と同時に、工学部建築学科の主任教授として就任している。
そして、先に紹介した「代々木校舎2号館」の車寄せ庇の独立柱に使われたマッシュルームコラムは、1957年に完成した「長沢浄水場」(下の写真)で最初に使われて、プロトタイプとして確立をした。

山田守(長沢浄水場)-1.jpg

このマッシュルームコラムは、上階の水槽と無梁板の薄いいスラブを支えるために柱上部を広くした構造柱である。(下の写真)

山田守(長沢浄水場)Ⅱ-1.jpg

このマッシュルームコラムは、噴水のメタファーのようであるが、屋根の雨水を柱の中に通した竪管で地下の貯水槽まで運び、浄水として利用している。このモチーフは、「東海大学代々木校舎2号館」のように、車寄せ用の庇の独立柱として同時期に設計され建物に応用されている。

彼の自邸は、1959年完成したが、この自邸建築にあたって最初は、青山の新築現場(AOAビル)にあった現場の飯場を移築して済ますつもりであったが、家族の猛反対にあい、考え直して将来的に様々な用途に対応出来る様に、コンクリートラーメン構造の「スケルトン住宅」を設計をした。(下は当初の写真)

山田守(自邸)当初1.jpg

当初は、1階にはピロティを、3階には大きな庇にしてスペースを確保していた。そして、状況の変化によって増築されたのが現状のプランである。下の写真は、3階増築した現在の写真です。

山田守(自邸)Ⅰ-1.jpg

そして、1階はピロティ部分に増築をしたプランで、現在は、「蔦サロン」として1階を使用している。(下の写真)

山田守(自邸)Ⅱ-1.jpg

2階は、現在ギャラリーとして使用されているが、設計当初の彼のデザインへのこだわりをうかがい知ることは充分に出来る。(下の写真)

山田守(自邸)内部Ⅱ-1.jpg

この自邸新築当初は、スペースの半分以上を「山田守建築事務所」として使用された。そして、ここで3つの「ビックプロジェクト」を同時進行しながら計画していた。
そして、そのひとつが、神奈川県平塚市に計画した「東海大学湘南キャンパス」である。(下の図)

山田守(東海大学湘南キャンパス図).jpg

このキャンパスで初めに建設したのが、1963年に完成した「一号館」(下の写真)、これは「東京厚生年金会館」で確立した、Y字型のプロトタイプを使用している。しかし、当初は、5階建ての予定であったが、予算と工期の関係で4階建てに変更している。その後も、1966年にA翼(西側)、B翼(東側)のピロティ部分を教室としてを増築して現在のプランになっている。

山田守(東海大学湘南1号館)-1.jpg

次の「2号館」(下の写真)は、1964年に完成した。RD造の地下1階、地上4階建てで、大小の扇が要の部分で結合した大小の「扇形教室」の建物である。この建物を上から俯瞰すると貝のような形状をしている。
そして、ここの大ホールは、補助席を入れて約3500名を収容できる「階段教室」になっていて、コンサートなどにも使用されている。

山田守(東海大学湘南2号館)-1.jpg

その次の「3号館」(下の写真)は、1966年に完成した。RC造の地下一階、地上10階、塔屋4階の高層建築である。これは、東海道新幹線の車窓から見える意図を持って高く建てている。この建物の特徴は、教室や研究室のブロックと、垂直動線を集約した「円筒」とに完全にプラン的に分離されている。そして、この円筒部分には、外部の螺旋状のスロープ(車が通れる幅がある)と、内部の螺旋階段と日本で初めての円柱形エレベーターが配置されている。

山田守(東海大学湘南3号館)-1.jpg

この湘南キャンパスは、1号館から15号館と、A館からL館まで校舎・研究棟などの他に、体育館・武道館などの付属棟から成り立っている広大なキャンパス計画である。
この時期には、各地に設立した東海大学付属高校の校舎も設計している。
二つ目のプロジェクトは、1964年に完成した東京オリンピックの武道競技会場としての「日本武道館」(下の写真)である。

山田守(武道館)-1.jpg

この「日本武道館」の設計者選定過程への不信感やデザインそのものに対する疑問視などのスキャンダルがあったが、富士山の裾野を引くような流動美のある屋根の建物が、皇居・北の丸の杜に完成した。
最後のプロジェクトが、同じ1964年に完成した「京都タワー」(下の写真)である。このタワーは、従来のトラス構造を取らずに、特殊鋼の円筒を溶接でつなぎ合わせた応力外被構造(ストレストスキン)が採用され、意匠上もスッキリしたデザインになっている。構造設計は、京都大学の棚橋諒教授である。

山田守(京都タワー)-1.jpg

この「京都タワー」建設においても、「京都景観論争」があり、決着がつかないまま完成したが、今ではこのタワーを見て京都に帰って来たと言う人もいる。そして、新たな「「京都景観論争」が、原広司の「京都駅」でもおこったが、京都駅は完成している。
1965年に、二度目の海外視察に旅たち、アンカレッジ経由で北欧へ行き、その後アメリカから南米ブラジルに渡る2ヶ月間の旅行であったが、帰国後病に倒れ、「東海大学湘南キャンパス」の完成を見ることなく、1966年に亡くなった。

ちなみに、東海大学は、私の母校であるが、札幌キャンパスに2年、湘南キャンパス1年、代々木キャンパスに1年と、転々としていたためにゆっくりと山田守先生の作品を堪能せずに卒業してしまい、今頃反省しています。

今回は、「Wikipedia」、「INAX REPORT」、「山田守建築事務所」、「東海大学学園史資料センター」の資料他を参考に紹介しました。

今回は、ここまで!!


☆山田守作品集

この記事へのコメント