原広司の自邸

今回は、「京都駅」や「札幌ドーム」を設計した建築家であり、東京大学名誉教授の「原広司」の自邸「原邸」を紹介します。
簡単な経歴を紹介しますと、彼は、1936年に神奈川県川崎市に生まれた。
1959年に東京大学工学部建築学科を卒業して、1961年に、「RAS設計同人」を設立した。
1964年には、東京大学大学院博士課程を修了し、1969年に東京大学生産技術研究所助教授。
今回紹介する自邸「原邸」(下の図面)が完成したのは、1974年である。
原広司(原邸)図面1.jpg
この「自邸」は、東京都町田市の南北に傾斜した土地に建っており、道路に面した地上から(2階)アプローチをとって斜面に沿って下へ(1階)下りて行く断面計画を取っている。(下の図)
原広司(原邸)図面2.jpg

このような敷地条件で、外観の全貌を見ることが非常に難しいと見えて、下の写真は下り斜面に向って撮っている。外観は、黒色の下見板張り仕上げである。(下の写真)

原広司(原邸)外観-1.jpg

玄関を入ると、SFの世界ような空間があり、住宅の中に都市が入りこんだ空間でもある。そのために、「内部に外部空間がある建物」と言われる所以でもある。彼自身は、この住居を「反射性住居」と呼んでいる。(下の写真)

原広司(原邸).jpg

彼は、この住居が南北に軸をもっていて、日光はトップライトから入り、右側から照らして左側に移行していくために、光と影によってシンメトリーが崩れていく状態が生じる。この状態を現象するかたちと、そして一日に、一度だけ光と対称軸が合う瞬間を待つような室内空間として計画をした。そのために、中央上部のトップライトからの光が、内部のドーム型のトップライトを通して各居室へ光が入る仕組みになっている。

この「反射性住居」は、1972年に設計し完成した「粟津邸」でも実施している。(下の写真)

原広司(粟津邸)合.jpg

彼は、「自邸」について、夜になると偶然的に廻りの部屋に光がともるり、それによって全体のリビングの状態をつくり出す。そして、夏には、庭に葉が茂って自然冷房が、冬には、葉が落ちて日が当たる日本の伝統的な庭の仕組みを取り入れていると説明している。
彼は、現在も世界中の集落調査を基板に、「原広司+アトリエファイ建築研究室」での設計活動を展開している。

今回は、「Wikipedia」、「戦後日本住宅伝説」他を参考に紹介しました。

今回は、ここまで!!

☆原広司の本
これからの建築理論 (T_ADS TEXTS 01)


☆参考にした本
戦後日本住宅伝説 ─挑発する家・内省する家

この記事へのコメント