磯崎新の住宅

今回は、磯崎新の初期の住宅2軒を紹介します。
彼は、1931年大分市に生まれ、1954年東京大学工学部建築学科を卒業し、丹下健三研究室で黒川紀章らと
「東京計画1960」に関わる。
1961年に東京大学数物系大学院建築学博士家庭を修了し、1963年に、丹下健三研究室を退職して、磯崎新アトリエを設立した。

今回初めに紹介する住宅は、1957年に高校の後輩、美術家の吉村益信に頼まれて設計したアトリエ兼住居です。吉村が、「新宿ホワイトハウス」(下の図面)と名付けた。

磯崎新(新宿ホワイトハウス)図面.jpg

上の図面は、本人の書いた図面ではなく、申請用として残っている図面である。
この建物は、吉村益信が申請から大工探しまで自力で建てたが、吉村曰く、磯崎の設計図に忠実につくったと言っている。その後、増築も行っている。
磯崎曰く、当初は壁が板張りであったが、準防火地域のためにモルタル塗りになったのかもしれない、、屋根もフラットであったが、木造なので屋根勾配が必要で変更されたのでしょうと言っている。(下の写真)

磯崎新(新宿ホワイトハウス)Ⅱ.jpg

この家は、磯崎が「ル・コルヴュジェのシトロアン住宅」や「増沢洵の最小限住宅」の影響受けて、モダニズム建築を目指して設計した建物である。そのために、アトリエ部分が吹抜けになっている。(下の写真)
この建物の3間×3間の「九間」の大きさは、吉村の要望によるもので、居候していた国分寺の「児島善三郎邸(設計遠藤新)」が、3間×3間であった。

磯崎新(新宿ホワイトハウス)1.jpg

このアトリエ兼住居が完成した後の1960年に、吉村益信と、篠原有司男、赤瀬川原平などを中心に前衛的芸術グル―プ「ネオ・ダダ」を結成して、「新宿ホワイトハウス」を本拠地として活動した。しかし、1961年に、吉村の結婚によって「ネオ・ダダ」は「蒸発」した。
1962年に、吉村益信は、渡米のためにこの家を売却して、住んだのが画家の宮田晨哉である。
そして、現在は、当初のオリジナルを大事にしながら改装を行って、2013年から「カフェアリエ」として使用されている。
次に紹介するの住宅は、1964年に大分市府内町に設計し建てた「N邸(中山邸)」(下の図)です。

磯崎新(N邸)図面2.jpg

この建物を設計するにあたって、彼は谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」のような伝統的な空間を否定し、新しい方法によって光を取り入れることに目標を置いた。それを実現するのが高窓方式であったが、良い解決方法を見えだせずトップライトの手法をとることにして、3.6mの立方体を四個積み上げた。それは、イスタンブールのモスクのような方法、つまりピラミッド状に立方体を積み上げて荷重を分散しながら内側に空間を抱き込む方法を採用した。(下の写真)

磯崎新(N邸)Ⅱ.jpg

この「N邸(中山邸)」は、取り壊されて現存していないが、1998年に、山口県の「秋吉台国際芸術村」に「N邸(中山邸)」をベースにした建物が建築されている。(下の写真)

磯崎新(N邸).jpg

この建物は、宿泊棟の管理棟につながっていて「サロン」(下の写真)としての用途を担っている。

磯崎新(N邸)2.jpg

「N邸(中山邸)」において、彼は室内からいっさいの扉を廃止しようと試みたが、居住者の生活に公的な要素があり、そのために応接の機能の部屋として隔離する必要があったために、この試みは出来なかったと書いている。彼が求めたのは、この「サロン」のようなオープンな空間を家具によって間仕切りって使用し、自由にかえて住まうことであった。

今回は、「Wikipedia」、「戦後日本住宅伝説」、「SD1976年4月号」等を参考に紹介しました。

今回は、ここまで!!

この記事へのコメント