清家清の住宅建築Ⅰ

「清家清」は、1918年京都府京都市に生まれ、旧制神戸二中(現・兵庫県立兵庫高等学校)を経て、1941年東京美術学校(現・東京芸術大学)を卒業し、1943年に「東京工業大学」を卒業した。太平洋戦争に従軍し、1945年に「東京工業大学」に着任した。

1951年には、東京都文京区に「森博士の家」が完成した。

森博士の家.jpg

この建物は、「森鴎外」の子息の邸宅で、「清家清」の初めての作品であり、代表作品のひとつでもある。床も天井も同一レベルで構成され、屋根勾配も緩やかで細い線を強調した建物である。

1952年に、東京都大田区に「齋藤助教授の家」が完成した。

齋藤助教授の家.jpg

「ミース・ファン・デル・ローエ」の「ファンズ・ワース邸」を彷彿させるデザインである。「バウハウス」の創始者「ヴァルター・グロピウス」は、1954年に来日した際、この家に訪れて、「日本建築の伝統と近代技術の幸福な結婚」と賞賛した。

1954年に、東京都大田区に「私の家」が完成した。

私の家2.jpg

この住宅は、両親のために中庭に新築した建物で、玄関が無く庭から出入りするようにできている。その上、間仕切りもドアも無く、本当のワンルームの住宅です。床が、中も庭も鉄平石敷きで、土足で出入りをする。中には、2畳の移動畳があり、必要に応じて移動して使用する。しかし、両親は住まず、本人が住むようになった。

私の家3.jpg

1987年に、書庫や収納スペースとして、2階にコンテナをのせた。

私の家4.jpg

このコンテナは、彼の大学退職の時に、学校から荷物を入れて運んできてそのまま乗せたようである。

1962年に、東京都品川区に「島沢先生の家」が完成した。

島澤先生の家.jpg


この住宅は、目黒区洗足に建つ「うさぎ幼稚園」の園長先生の邸宅である。

1962年に「東京工業大学」より工学博士の学位を授受し、教授に昇進した。

1964年には、東京都大田区に「久が原の家」が完成した。

久が原の家1.jpg

この家は、住宅街の角地の敷地に建ち、ツタの絡まり年代を思わせるが屋根の勾配などからバランスの取れた外観をしている。現在は、写真家の秋山実氏のアトリエとして使用している。

今回は、「Wikipedia」、「JA57」他を参考に紹介しました。

☆参考

○私の家白書     ○やさしさの住居学  ○清家清      
                        (日本現代建築シリーズ)


      



posted by Bokusai at 04:30Comment(0)住宅

吉村順三の住宅建築Ⅱ

前回に引き続き「吉村順三の住宅建築」を紹介します。

1965年には、東京都杉並区に「浜田山の家」が完成した。

浜田山の家.jpg

「軽井沢の山荘」を横長にしたような外観であり、1階の鉄筋コンクリートの上に2階の木造建築がのった混構造の建物である。

1965年には、同じ杉並区に「久我山の家」が完成した。

久我山の家.jpg

こちらの建物も「浜田山の家」同様に、1階が鉄筋コンクリートで、2階が木造の混構造である。

1966年には、京都府宇部市に「御蔵山の家」が完成した。

御蔵山の家2.jpg

この家は、当初鉄筋コンクリート造の平屋で若い夫婦のローコスト住宅であったが、その後Ⅱ期、Ⅲ期と増築をして景観が変わっている。

御蔵山の家.jpg

子供が生まれたことによって、1971年に増築され、さらにその上に木造をのせて2階建てに増築が行われ、現在に至っている。

1968年に、神奈川県茅ケ崎市に「湘南茅ヶ崎の家」が完成した。

湘南茅ヶ崎の家2.jpg

この家は、「寺田倉庫」の創業者夫妻が、「ゲストハウス」としてゴルフクラブ「スリーハンドレッドクラブ」の敷地内に建てたものである。その後、祖父母が住んでいたのを、湘南唯一の造り酒屋である「熊澤酒造」代表・「熊澤茂吉」が買い取り、現在も住んでいる。(鎌倉R不動産より)

1970年に、東京都三鷹市に「井の頭の家」が完成した。

井の頭の家.jpg

この建物は、写真の左側が、最初に建築された部分で、その後何度かの改修を経て、2005年に右側が増築された。現在は、色鮮やかなベンガラ色の外壁ですが、当初はチョコレート色の外壁であった。その外壁は、改修時に塗り替えられた。当初の部分は薄い屋根が二段階に傾斜しており、内部は狭い空間でローコストながら小さな吹き抜け空間を設けている。

1971年に、東京都大田区に「田園調布の家」が完成した。

田園調布の家(猪熊)2.jpg

この建物は、1・2階が鉄筋コンクリート造で、3階が木造の混構造で、2階、3階に画家の住まいとアトリエで、1階は、弟家族の住まいとなっていた。

1974年、アメリカ、ニューヨーク州に「ポカンティコヒルの家」が完成した。

ロックフェラー3世の家3.jpg

この家は、「ロックフェラー三世の家」で、地下1階は鉄筋コンクリート造、その上に木造の地上1階の混構造の建物である。写真では、2階建ての上にさらに一段下がっている、敷地形状としては非常に面白いローケーションである。

今回は、「Wikipedia」他を参考に紹介しました。

☆参考

○火と水と木の詩     ○吉村順三のディテール    ○小さな家    
   住宅を矩形で考える


         






posted by Bokusai at 16:30Comment(0)住宅