吉村順三の住宅建築Ⅰ

「吉村順三」は、 1908年に東京市本所区緑町に生まれ、1926年東京美術学校(現東京芸術大学)建築科に入学し、在学中より「アントニン・レーモンド建築設計事務所」に勤務した。1931年卒業後、「レーモンド事務所」のスタッフとして働き、最後の約1年間をアメリカで過ごし、太平洋戦争直前に帰国。1941年12月8日、日米開戦の当日を選んで「吉村設計事務所」を開設した。1962年、「東京藝術大学教授」に就任した。

1953年に、千葉県市川市に日本画家の「東山魁夷」の自宅「下総中山の家」(下の写真)を完成させた。

東山魁夷邸.jpg

「東山魁夷」は、当時「日本美術学校」の同級生であった「吉村順三」に設計を依頼し、設計条件の「新築する際の居住面積の制限」から最低限の面積で設計され、とても簡素な家が完成した。
1957年に、東京都中野区に「南台の家」が完成した。
自邸「南台の家」を境に彼の設計住宅設計手法が大きく変わったと言われている。外壁に関しても以前は白い外壁が多くみられたが、白では存在感がありすぎるので、存在感を抑える役割として「板のテクスチャー」を使用している。

南台の家.jpg

「南台の家」の以前は、部屋の独立性を明確にするのに連結(斜めの廊下、スッキプフロアー等)の方法をとっていたが、「南台の家」からは、「重心」によっていかに各部屋の独立性を待たせるかに変わった。

南台の家図.jpg
彼の「重心」とは、景色の見え方から決められた始点とその始点を中心とする領域にあり、その「重心」に「暖炉」を置いた。その「暖炉」に誘導されて「暖炉」まで来ると、外部の景色を見渡せる位置に立つことになる。

南台の家2.jpg

各部屋の区別を仕切りではなく、段差や仕上げをの変化、垂壁や梁によって対処する方法をとった。
1957年には、神奈川県葉山町に「葉山海の家」が完成した。

葉山海の家5.jpg

ある企業の保養施設として葉山の「森戸海岸」の海に面した場所に建てられた。この「葉山海の家」の特徴は、木造の V 字型の柱で架構して、1階を大スパンの空間にした。木製のV字型の柱は、桧の120㎜角を使用し、2階まで突き抜けることで、1階をピロティのような空間にした。

葉山海の家6.jpg

この「葉山海の家」は、今は現存していない。
1962年には、長野県の軽井沢町に彼の代表作でもある「軽井沢の山荘」が完成した。

軽井沢山荘.jpg

軽井沢の山荘」の構造は、1階部分はRC造で、2階と屋根裏は片流れ屋根の木造で、1階からはね出した片持ちスラブの上に木造建家がのった混構造である。小さな空間を無駄なく有効に使うというコンセプトが充分に生かされた建築である。

軽井沢山荘2.jpg

森の中に溶け込んだ山小屋風の山荘は、楡と椚の林に囲まれ、宙に浮いているかのように外に開かれた空間が、コンパクトにまとめられている。

次回は、1965年以降の作品を紹介します。

今回は、「Wikipedia」、「吉村順三記念ギャラリー」記載ブログ他を参考に紹介しました。

☆参考

○小さな森の家      ○火と水と木の詩      ○建築は詩    

      






posted by Bokusai at 04:00Comment(0)住宅