ロバート・ヴェンチューリの住宅建築

彼は、1925年にアメリカ、ペンシルバニア州フィラデルフィアに生まれ、「プリンストン大学」を卒業後、ローマに留学した。「エーロ・サーリネン」、「ルイス・I・カーン」に師事した後に、フィラデルフィアに建築設計事務所を構えた。1954年から1965年まで「ペンシルベニア大学」で教鞭を執った。
1963年に、ペンシルバニア州チェスナット・ヒルに、「母の家」(下の写真)を完成させた。

母の家0.jpg

正面のファサードを見ると大きな家のようであるが、内部を反映していいなく大きく造られている。彼の師匠でもある「ルイス・カーン」が、この家を見て感想ひとつ述べず無言で立ち去ったようである。「ルイス・カーン」の目指す建築ではなかった。

母の家1.jpg

裏に回ると、表のファサードより小さいのが分かる。こちらからの1階平面パースが下の図です。1階は、70近い母親のために、暖炉を中心にアンティーク家具を並べ、生活がすべて行えるように設計した。

母の家2.jpg
「世界で一番美しい名作住宅の解剖図鑑」より

「母の家」は、彼が最初に設計した建築で、結婚するまでこの家の2階に住んでいた。そして、この家は、建築全体に一貫した合理性を追求したモダニズム運動に疑問を投げかけた小さな家でもあった。彼は、モダニズム運動の旗手である「ミース・ファン・デル・ローエ」の「少ないことはより豊かである」に対して、「少ないことは退屈である」と批判した。

1965年、カルフォルニア州フィラデルフィアに「ギルド・ハウス」(下の写真)が完成した。

ギルドハウス.jpg


「ビルド・ハウス」は、91戸の高齢者向け集合住宅である。建物外観の茶褐色のタイルと左右対称なのファサードで、ありきたりの建物のように見えますが、「反モダニズム」にあふれている。正面最上階にある大アーチと窪んだ入口の中心にある黒御影石の円柱、真っ白な玄関廻り、玄関の上バルコニー手摺に無造作に書かれたロゴ、微妙に不揃いな十字が切られた正方形の窓、5階の途中で水平に引かれた白いボーダー等、外観を構成する要素に脈絡なく唐突に置かれてるように、「少ないことは退屈だ」とさまざまな嗜好を凝らしている。
現在は、5つのアパートメントを改装して、聴覚障害者と視覚障害者の2つのユニットを設置している。新しい施設には、オフィス、ウェルネスルーム、娯楽施設などがある。

2008年に、ペンシルバニア州ウェインに「ペングブローク・ノース・コンドミニアム」(下の写真)が完成した。

pembroke-north-condominiums.jpg


フィラデルフィアの歴史的メインラインに沿って設計された「ペンブローク・ノース」の高級マンションで、3つの建物が3階建てで、合計54ユニットある。赤レンガの外壁は、広い石の縞と大きな窓がアクセントになっているて、ヨーロッパのような雰囲気の建物である。「ペンブローク・ノース」は、フィラデルフィア地区のLEED認定に登録された最初のマルチファミリー住宅である。

今回は、「Wikipedia」、「VSBA」HP、「世界で一番美しい名作住宅の解剖図鑑」他を参考に紹介しました。

☆参考

○世界で一番美しい名作住宅の解剖図鑑(松下希和)


○住宅・インテリアの解剖図鑑(松下希和)


○建築の多様性と対立性(ロバート・ヴェンチューリ)


○ヴェンチューリ&ローチ



posted by Bokusai at 15:00Comment(0)住宅