篠原一男の住宅建築

今回は、篠原一男の住宅建築を紹介いたします。
彼は、1925年に静岡県に生まれ、1947年東京物理学校卒業後、東北大学で数学を専攻し、建築に転向するために東京工業大学建築学科に進み、清家清に師事する。1953年に東京工業大学を卒業して、1986年定年退官まで東京工大で教鞭をとった。
1954年に、東京都杉並区に「久我山の家」(下の写真)を完成させた。

久我山の家.jpg

「庭を開放しようとする意図と車のための空間をつくることが一致し、生活の空間を高く上げた。」と述べ、1階をピロティとし、1階のダイニングルームより中庭を眺めることが出来る。
1958年には、東京都杉並区に「谷川さんの家」(下の写真)を完成させた。

谷川さんの家.jpg

「これは若い詩人の住まいである。この住まいは構造的に独立したふたつの空間から成り立っている。」と書かれた若い詩人とは、「谷川俊太郎」のことである。1974年には、群馬県長野原町に別荘として「谷川さんの住宅」を手掛けた。
1961年には、東京都練馬区に「から傘の家」(下の写真)が完成した。

から傘の家.jpg

「幾何学的な形をもった高い天井が覆う空間の中に、この広がりを出来るだけ視野のうちに現しながら、しかも寝室などの分離された空間をつくりたいという考えがこの構成となった。」と「から傘の住宅」が出来たが、道路側のレベルからでは、分かりづらいと思いますが、「から傘の家」を「篠原一男の住宅」で紹介していますので、ご覧ください。
1966年には、東京都杉並区に「白の家」(下の写真)が完成しました。

白の家.jpg


正方形の平面に、傘の骨組のような架構に、頂点まで届く心柱で構成されている。吹抜けの居間に面して上下に寝室のあるシンプルな平面計画に納めている。
1971年には、川崎市多摩区に「直方体の森」が完成した。異彩画家「中村正義」の住宅及びアトリエとして建てられた。1977年に、肺がんのために52歳で逝去された。この住宅が、1988年に「中村正義美術館」(下の写真)としてオープンした。

直方体の森.jpg

「入り口を入ると第一の広間の中に立つ。スカイライトが落ちる向こう側に〈亀裂の空間〉の基本形と言えるクレパスを通して第2の広間の正面が見える」と内部空間について書かれ、「亀裂の空間」が彼の設計手法のひとつとなっている。
1973年には、東京都世田谷区に「東玉川の住宅」(下の写真)が完成した。

東玉川の住宅.jpg

彼は、「〈通り〉という言葉がこの住宅を構成の主題を説明するのに適しているかもしれない。〈通り〉には〈まなざしの対話〉がある。」と説明し、「〈人影のない通り〉が、あるいは私考えたイメージと言えるかもしれない。」と説明をしている。
1975年には、長野県軽井沢町に「軽井沢旧道の住宅」(下の写真)が完成した。

軽井沢旧道の住宅2.jpg

「ふたつの1/4円柱面の含んだ仕事場と住居の南の壁と、一つの1/4円柱面の含んだギャラリーのk他の壁が向かいあわせ、それぞれの内側に向けて1/2勾配の屋根を架けた。」と説明している。そのふたつの壁の間が中庭になっていて、大通りに出るため通路にもなっている。
1976年に、東京都渋谷区に「上原通りの住宅」(下の写真)が完成した。

上原通りの家2.JPG

内部の大きな法杖は、道路際の高さ制限が5mであるために、その高さに納めるために屋根を無梁版とするために必要であった。その高さに納めるために、1階の床も地盤より500㎜下げて納めている。
1977年には、静岡研沼津市に「愛鷹裾野の住宅」(下の写真)が完成した。

愛鷹裾野の家2.jpg

「南面中央の1.1m幅の入り口を起点として左右に、同寸法のコンクリート壁とガラス開口が交互に反復していき」、そして「コンクリートの壁の上端から45度勾配の斜面が始まり寄棟の形の屋根をかたちづくる。」と外観の説明をしている。
1978年には、東京都渋谷区に「上原曲がり道の住宅」(下の写真)が完成した。

上原曲がり道の家.jpg

「東南と西南の境界沿いの2階建ての隣家近接と、道路側2面の斜線制限に対応する全体の輪郭をつくりながら、地下では水平への、地上では垂直への延長を考えていた。」と述べ、内部のメインルームにそびえたつ2本の柱を必要性を説いている。
1982年に、東京都世田谷区に「東玉川コンプレックス」(下の写真)が完成した。

東玉川コンプレックス.jpg

この建物は、1973年に完成した「東玉川の住宅」の建物に、診療室と書斎、屋根裏部屋をもったアパートメントを結合して出来た。
彼は、数多くの住宅建築を中心に設計されてきましたが、数は少ないが博物館や記念館などの作品も設計しています。

今回は、「JA №93 篠原一男」、「Wikipedia」他を参考に紹介しました。

今回は、ここまで!!

☆参考





住宅70年代・狂い咲き (エクスナレッジムック) -






posted by Bokusai at 03:45Comment(0)住宅