益子義弘の自邸と建築

彼は、1940年に東京に生まれ、1964年に東京藝術大学美術学部建築科を卒業し、修士課程に進む。
1966年に同大学の修士課程を修了し、同大学の助手として残る。
1973年に、「MIDI総合設計研究所」を設立、1976年には、永田昌民と「M&N設計室」を設立をする。
1984年には、東京藝術大学助教授に就任し教鞭を執る。
1986年に「GID賞」を受賞することになった、「仙石原の山荘」(下の写真)が完成する。

仙石原山荘.jpg

この建物は、神奈川県箱根町の「くらしの友会員」専用の保養所施設である。
1989年に、東京藝術大学の教授に就任する。
1996年に、山形県金山町に「金山町火葬場」(下の写真)を完成させる。

火葬場.jpg

この建物は、「日本建築学会東北建築賞」を受賞している。
1998年には、埼玉県新座市に「新座の家」(下の写真)が完成した。

新座の家.JPG

この建物は、彼の「自邸」で、一番最初に設計した建物である。(下の図)

新座の家図面1.jpg

その後増築が行われ、さらに2軒追加したⅢ期までに増築とアトリエの増築が行われた。(下の図)

新座の家図面2.JPG

2007年に「日本建築家協会25年賞」を受賞している。(下の写真)

新座の家2.JPG

これらの建物は、自然豊かな斜面に建てられているために、リビングから眺める風景には邪魔なものもなく遠望出来る。(下の写真)

新座の家3.JPG

この家を建てた時は、インフラライフもないような状況であったが、それなりに楽しかったの「建築家が建てた妻と娘のしあわせな家」で奥様がコメントをしている。
1999年に、山梨県の高根町に「高根町の家」(下の写真)が完成した。

高根町の家2.jpg

高根町は現在、平成の合併で「北杜市」になっている。
2007年には、長野県軽井沢町の旧軽井沢に「三笠の山荘」(下の写真)を完成させた。

三笠の山荘2.jpg

二棟の山荘が建てられ、人数によって分かられて使用出来るようになっているようである。
同じ軽井沢であるが、新軽井沢にもう一軒の山荘があり、それが「南が丘の山荘」(下の写真)である。

軽井沢の山荘.jpg

矩形のプランに、北を背にして南側の正面の林に視線が向かうように建てられている。
2008年に完成し、2011年に「日本建築学会作品選奨」を受賞した「シャノアール研修センター」(下の写真)が千葉県市川市に完成した。

シャノアール研修センター.jpg

この建物は、安宅健太郎と共同設計である。
2009年には、福島県の裏磐梯に築40年の保養所のリノベーションの設計をしてホテルに利用変更した「ホテリ・アアルト」(下の写真)が完成した。

ホテルアアルト2.jpg

この建物は、彼と河合俊和、大竹慎太郎の3人の共同設計で行われた。

今回は、「Wikipedia」、、「住風景を創る」、「建築家が建てた妻と娘のしあわせな家」他を参考に紹介しました。

今回は、ここまで!!

☆参考


住風景を創る―居場所のかたちと空間作法




建築への思索―場所を紡ぐ (建築ライブラリー)




建築家が建てた妻と娘のしあわせな家





続きを読む

posted by Bokusai at 04:19Comment(0)住宅