青木茂のリファイン建築(住宅その2)

今回は、愛知県豊田市にある挙母藩の藩庁であった七州城の城下町の伝統的な住宅街に位置する「N邸」(下の写真)の再生計画を紹介します。この既存の住宅は、築50年が経過した伝統工法の木造住宅であった。既存建物の大規模修繕と耐震補強、そして増築を手掛けた工事であった。施主の要望は、安全で安心できる建物にすることと、2世帯3世代住宅とすること、そして、城下町の伝統的な街並に調和することの3点であったと記している。



N邸既存2.jpg

既存建物は、過去に増築が何度か行われているために、敷地内の雰囲気が統一されていなうえに、採光や通風が十分に確保出来ていないなどの理由から、彼は、過去の増築部分を解体して、建設当初の建物を活かす計画とした。
基礎と土台をやり直すために、増築した部分の解体後、曳家(下の写真)により建物を敷地内で仮移転させ、既存の残す建家の基礎を新設し、土台を全て取り替えた後、新設した基礎の位置に再度曳家を行い移動した。

N邸既存曳家.jpg

既存建物の1/2以上の面積の増築を行って既存部と増築部の一体化することで、増築によるRC耐震壁で補強を行うことで、耐震性能を増し、安全で安心できる建物となっている。

N邸改修2.jpg

平面計画では、既存部の共用玄関から土間を抜けた位置に、各世帯の玄関を設け、中庭を介してお互いの生活を感じながらも、各世帯の独立性を確保する計画としている。


N邸改修3.jpg

リビングや個室・浴室等の水廻りは、2世帯共に南側に面するように配置し、採光と通風を確保するようにしている。

N邸改修内部1.jpg

浴室の扉をガラスドアにすることで、洗面所・脱衣室まで採光及び、通風も取れるようにデザインすることで、明るい空間をつくり出している。
中庭に面したヶ所にオープンキッチンを設置し、その前にダイニングを設けることで、日当たりが良く、通風によって住みやすいい環境を確保している。

N邸改修内部2.jpg

二世帯住宅のプライバシーの確保をするために、中庭を介して独立性をもたせ、視線によってコミニティの確保に努めている。

N邸改修中庭.jpg

外観は、前面道路にある格子戸のイメージを新たに木ルーバーによって表現する事で、街並との調和を図ったようである。

青木茂のリファイン建築(住宅その1)

今回は、リファイン建築の提唱者である、「青木茂」の住宅のリファイン建築を紹介します。
彼は、1948年に大分県に生まれ、1971年に「近畿大学九州工学部建築学科」を卒業し、「鉄建建設」に入社した。
1977年に、「アオキ建築設計事務所」を設立し、1990年に、「株式会社青木茂工房」を設立した。
今回紹介するのは、2007年に、福岡県福岡市南区の個人住宅をリファインした「高木邸」である。
「高木邸」のリファインは、築100年の母屋を再生する計画であった。現状は、木造2階建ての建物でかなり老朽化が進んでいて、雨漏りがひどかった。(下は旧邸宅写真)

高木邸旧.jpg

建物は、老朽化進んでいるうえに、昔ながらの間取りで使い勝手悪かった。さらに古い建物であるので、当然のように耐震性能を上げる必要があった。そのために、風の通りを良くすることに配慮して移築することを計画し、さらに90°回転する「曳き家」を行った。そして、地震力を新しく設けた6枚のRCの壁に負担させる混構造として、リファインした。(下の写真)

高木邸新.jpg

写真の右側のコンクリートの建物は、今回増築した住宅で母屋とは渡り通路でつながっている。
この渡り通路に面してアプローチ玄関が敷地より下がって道路に面している。そこからの建物の外観が下の写真である。

高木邸外観1.jpg

写真奥の建物が、リファインされた母屋であり、窓部分に縦格子で化粧されている。母屋と増築棟、渡り通路によってコの字に中庭を囲って配置されている。その中庭の増築等からの母屋の外観が下の写真である。

高木邸外観2.jpg

母屋の中庭に面した一階の軒先下の空間が、日差しを遮り淡い空間を演出している。縁側が付いていて、その内部の「リビング・ダイニング」の内観。(下の写真)

高木邸内観2.jpg

一階の「リビング、ダイニング」であるが、縁側を通して日の光が差し込み豊かな内部空間をつくっていて、天井をなくして梁などの小屋組みを表しにすることで、空間に広がりをもたらしている。
今回のリファイン建築に対して、鉄筋コンクリート造の増築棟の建物の道路側から外観(下の写真)

高木邸増築.jpg

道路に面して、一階部分に駐車場があり、二階で母屋と渡り通路を通して繋がっている。
彼は、「室内は、100年前の躯体と現在の躯体が共生し、この家の歴史を物語る空間となった。都市も建築も時間の重なりによる歴史を持つべきではないだろうか。国土交通省が進める「200年住宅」の構想に一石を投じる事が出来たと考えている。」とコメントしている。

今回は、「青木茂建築工房HP」を参考に紹介しました。

今回は、ここまで!!

☆参考





posted by Bokusai at 04:48Comment(0)住宅

隈研吾の住宅建築Ⅱ

彼は、1954年神奈川県横浜市に生まれ。
1973年に東京大学工学部建築学科に入学し、1977年に卒業、東京大学大学院建築意匠専攻修士課程を修了した。
卒業後、日本設計、戸田建設、コロンビア大学建築・都市計画学科客員研究員を経て、1990年に「隈研吾建築都市設計事務所」を設立した。
前回に続いて彼の「住宅建築」について紹介します。
2007年に、東京都文京区に「『鉄』の家」(下の写真)が完成した。

鉄の家.jpg

この家は、「3.2mm厚のコルゲートの鉄板を用いて、柱梁のない、鉄道の貨車のようなモノコック構造の家を作った。クライアントが鉄道の熱烈なファンであり、家の中には数千台の鉄道模型が保管されている。彼も貨車の中に暮らすような生活をのぞんでいた。L字形の特殊な敷地形状に合わせて、細長い貨車がL字形に折れ曲がって坂道に停車したような姿の家となった。」と書いている。
2008年に、東京都渋谷区に「木/氷山(Wood/Berg)」(下の写真)が完成した。

ウッドバーグ.jpg

この建物を「都心部の中層(6層)の建築に、fold(折る)という操作と木製ルーバーという「やわらかな」素材を用いることによって、住宅的なヒューマンスケールとやわらかさとを与えた。」と書いていて、「外壁バルコニーの手すりなどのすべての建築のサーフェースを同一の木製ルーバーで覆うことによって、建築の輪郭線をやわらかく曖昧にすることが可能となった。」と書いている。
2010年に、アメリカ、コネチカット州ニューキャナンに「ガラス/木の家(Glass/Wood Hous)」(下の写真)の増改築が完成した。

ガラス/木の家.jpg


「フイルップ・ジョンソン」の友人の建築家「ジョン・ブラック・リー」のモダニズムの自邸(1956年)の改修及びガラス張りの新棟を増築した。コンセプトは、「木とガラス組み合わせによって、ニューキャナンの精神を批評的に継承した」と書いている。
2012年に、東日本に「水/チェリー(Water/Cherry)」(下の写真)が完成した。

水/桜.jpg

この建物は、「太平洋を見下ろす崖の上に立つ、分離型のヴィラ。分離(多島海)スタイルを採用することで、それぞれの棟に、茶室のようなヒューマンスケールと暖かさとを与えることができた。外壁にも室内にも「ヤマト貼り」と呼ばれる板を互い違いに貼る、日本の伝統のディティールを多用して、ディテールにおいても「小ささ」を追求した。」と述べている。
下の映像は、新建築で出しているものです。



2017年に東日本にゲストハウス「水/石(Water/Stone)」(下の写真)が完成した。

水/石1.jpg


この建物は、「湖に向かう斜面地に、日本庭園と一体化したヴィラをたてた。一棟の大きな建物をたてるのではなく、機能に応じて5棟に分割して、完全に別棟化することによって、建築を複雑な地形へとなじませることが可能となり、村のようなヒューマンな雰囲気を創造することができた。」と書いている。


今回は、「Wikipedia」、「隈研吾建築都市設計事務所HP」他参考に紹介しました。

今回は、ここまで!!

☆参考




隈研吾物質と建築 [ 隈研吾 ] - 楽天ブックス


posted by Bokusai at 11:14Comment(0)住宅